ソフトバンク 契約 確認。 簡単3分!ソフトバンク(softbank)の更新月を確認する方法

ソフトバンク携帯の解約方法!解約月・解約金・手続き手順

ソフトバンク 契約 確認

まずはMy SoftBankを使えるようにする方法から見ていきましょう。 My SoftBankにアクセスする 画像引用元: スマホなら「My SoftBankアプリ」を入れることで、いつでも簡単にMy SoftBankへアクセスをすることができます。 アプリ初回起動時には、SoftBank IDを作成しましょう。 IDやパスワードなど簡単な必要事項の入力だけで、SoftBank IDの作成は完了です。 SoftBank IDを作成すれば、My SoftBankアプリはもちろんブラウザ版でも使うことができます。 では、実際にMy SoftBankで支払い料金を確認する方法について見ていきましょう。 支払い料金を確認する方法 それではMy SoftBankから支払い料金を確認する方法を紹介します。 この章の画像引用元: 1スマホやPCからMy SoftBankにアクセス 先ほどの手順で作成したID・パスワードを入力してログインをします。 また、前月を選択すると過去の請求内容も見ることができ、 最大で過去6ヶ月分まで確認が可能です。 請求書を紙で発行したい場合 紙の請求書を発行する場合も、My SoftBankから手続きが可能です。 My SoftBankにログインし、 「料金・支払い管理」の項目から「書面発行」を選択します。 すると、「自分で印刷する(無料)」と「郵送で取り寄せる(有料)」との2種類が表示されるので、どちらかを選択します。 自分で印刷• 郵送で取り寄せ 「自分で印刷する(無料)」 「自分で印刷する(無料)」を選んだ場合は、 PDFデータがダウンロードできるので、それを自分で印刷します。 この場合も、最大で過去6ヶ月分までの請求書が印刷可能で、手数料は発生しません。 「郵送で取り寄せる(有料)」 「郵送で取り寄せる(有料)」を選んだ場合は、自宅に指定した月の請求書を届けてもらうことができます。 この場合も、最大で過去6ヶ月分まで請求書の発行が可能です。 また、郵送で請求書を取り寄せる場合には、 発行手数料として1ヶ月分につき200円がかかります。 通話明細を確認したい場合 My SoftBankでは、支払い料金の明細を確認できるだけでなく、通話料明細を確認することもできます。 通常の料金明細では単に1ヶ月にかかった通話料金しか確認ができませんが、 通話料明細であれば通話料の詳しい内訳を確認できます。 通話料明細の発行も請求書と同じように、My SoftBankで「料金・支払い管理」の「書面発行」から可能です。 自分で印刷をする場合には無料でPDFファイルをダウンロードします。 また郵送で取り寄せる場合には、1ヶ月あたり200円の発行手数料と82円の送料がかかります。 ソフトバンク解約後に支払い料金を確認する 解約をした月の最終請求金額や違約金・手数料を確認したい場合にも、My SoftBankから支払い料金の確認ができます。 ソフトバンクから他社に乗り換えた場合に、乗り換え先のキャンペーンで違約金還元などのために最終請求金額の確認できる紙の請求書が必要な場合があります。 この場合もPDFでダウンロードしたものを印刷するか、郵送で取り寄せれば紙の請求書を入手できます。 解約後はそのうち見られなくなる My SoftBankは 解約後90日以内しかログインができません。 もし最終請求金額の記載された請求書を確認したい場合には、請求確定後速やかにMy SoftBankで確認をしておきましょう。 My SoftBankから契約内容を確認・変更する方法 ここまで見てきたように、My SoftBankを使えばスマホやPCから簡単に支払い料金の確認ができます。 そしてMy SoftBankでは支払い料金の確認だけでなく、 プランや契約内容の確認や変更も可能となっています。 では、その手順について見ていきましょう。 では、契約内容の変更方法について見ていきましょう。 料金プランなどの変更方法 料金プランや割引・その他サービス、オプションサービスは、先ほどの 契約内容の確認画面からすぐに変更ができます。 こちらでは、スマホのMy SoftBankアプリから料金プランを変更する場合を例に解説していきます。 My SoftBankアプリを開いてログインする• 「契約確認」をタップする• 「基本プラン」の項目の1番下にある「変更する」をタップする• データプランを選択• 通話オプションを選択• 6テザリングオプションの有無を選択• 手続き内容の確認方法を選択• 「変更内容を確認する」をタップ• 「同意する」にチェックを入れて「申し込み」をタップする これで、料金プランの変更は完了です。 料金プランを変更した場合は、 申し込みをした翌月からの適用となります。 きちんと料金プランが変更できているかどうか確認したい場合は、プラン変更をした日の次の締め日以降にMy SoftBankで契約内容の確認をします。 締め日についてはソフトバンクでは3種類あるので、プランの変更が適用される日はそれによって異なります。 締め日 適用日 10日締め 翌月11日から 20日締め 翌月21日から 末日締め 翌月1日から それぞれの日付以降にMy SoftBankにログインして、料金プランの確認をすれば変更が反映されています。 登録住所の変更 引っ越しをした場合などソフトバンクで登録住所の変更手続きが必要になりますが、これもMy SoftBankからいつでも変更が可能です。 1My SoftBankのトップページ内にある「契約確認」ページへ移動 2「連絡先」項目の「変更する」をタップ ソフトバンクの 登録住所には契約者住所と請求書送付先住所の2種類があり、そのどちらかまたは両方を変更することができます。 3変更したい登録住所を選択 4変更後の新しい住所を入力して「次へ」をタップ 5変更内容に間違いがなければ「変更する」をタップ 以上で登録住所の変更は完了です。 登録住所の変更は、9:00〜21:00に申し込みしたものについては即時反映となり、それ以外の時間帯でも翌日9:00の反映となります。 支払い方法の変更 「毎月の料金の支払いに使っている引き落とし口座を変更したい」という場合や、「口座引き落としからクレジットカード払いに変更したい」という場合もMy SoftBankから手続きができます。 1My SoftBankにログイン 2トップページの少し下にある「支払方法変更」のボタンをタップ 3セキュリティ番号がSMSで送られてくるので、確認して入力 4現在の支払い方法が表示され下に「変更内容選択」の項目が表示されるので、口座振替かクレジットカードか希望する支払い方法を選択 5口座振替の場合は今後支払いに使う口座情報を、クレジットカード払いの場合は今後支払いに使うクレジットカード情報を入力し、完了 利用する銀行やカード会社によっては、支払い方法に設定できない場合があるので事前に公式サイトで確認しておくようにしましょう。 変更内容に問題がなければ、 当月の支払いから新しく設定した支払い方法が適用されます。 My SoftBankからデータ通信量を確認する My SoftBankでは、 当月のデータ通信量を確認することもできます。 プラン変更を検討する時の参考にしたり、ミニモンスター(段階制のプラン)を利用している場合には料金の上がりそうなタイミングを確認したりするのに役立ちます。 データ通信量の確認方法は以下の通りです。 My SoftBankのトップページ内にある「データ量」の項目をタップ• 「データ量」を開く そうすると、当月のデータ通信量や残データ量を確認できます。 またページ上部にあるタブから「過去の通信量」をタップすると、過去3日間のデータ通信量を確認することもできます。 データ通信量の確認は過去6ヶ月まで遡れる 先月分など過去の月のデータ通信量を確認したい場合は、 請求書から確認をします。 「データ量」のページからは前月のデータ通信量は確認できないので注意が必要です。 冒頭に紹介した支払い料金の確認手順と同じようにして、データ通信量を確認したい月の明細を表示します。 明細の「通信料」の項目の「データ定額料」にデータ通信量が表示されるので、そこから確認をします。 明細は最大で過去6ヶ月分まで見られるので、データ通信料の確認ができるのも過去6ヶ月分までになります。 LINEで支払い料金や契約内容を確認する方法 画像引用元: ここまでMy SoftBankで支払い料金やプランの契約内容を確認・変更する方法について紹介をしてきました。 この他にも ソフトバンクの契約内容はLINEからでも確認ができます。 LINEをMy SoftBankに連携することで、これまで紹介してきたような料金や契約内容の確認はほとんどLINEからできるようになります。 My SoftBankも十分に便利ではありますが、使い慣れたLINEからチャット形式も確認ができるのでソフトバンクユーザーなら是非とも使いたい機能です。 LINEとMy SoftBankの連携方法 では、LINEとMy SoftBankを連携させる方法について解説をしていきます。 ソフトバンクのLINE公式アカウントを友達追加• LINEのトークを開いたら、メニューの左下にある「LINEでかんたん確認」をタップ• すると「My SoftBankとの連携はこちら」というメニューが表示されるので、こちらをタップ 画像引用元: My SoftBankの連携ページに遷移するので、「My SoftBankと連携する」をタップして完了となります。 連携が完了すれば、ソフトバンク公式LINEアカウントとのトーク画面から支払い料金や契約内容の確認が可能になります。 LINEのトークで料金や契約内容を確認する LINEとMy SoftBankの連携ができたところで、実際に料金や契約内容の確認をしていきましょう。 使い方はとても簡単です。 以下の画像のように メッセージを送信するだけで、確認したい内容がメッセージで返ってきます。 画像引用元: My SoftBankで調べるのと比べても、操作も簡単ですぐに調べたい情報にアクセスすることができます。 また、「かんたん確認」を利用すれば、My SoftBankのようなメニューが表示されるので、メニューから調べることも可能です。 誰でも簡単に使うことができるので、ぜひソフトバンクの支払い料金やプランの契約内容を確認するときには使ってみてください。 ソフトバンクはスマホで契約内容の確認ができる スマホ料金をお得にするためにはまず自身がいま契約しているプランをよく知っておかなければなりません。 今では支払い料金の確認や、プランの契約内容の確認・変更は、手元のスマホでいつでも簡単にできるようになっています。

次の

ソフトバンクのスマホで契約最終月の請求内訳の確認方法

ソフトバンク 契約 確認

SoftBank2年契約更新月の調べ方 【】にアクセスをして、• 使っているスマホの電話番号• パスワード 2点を入力します。 パスワードを忘れた方は、 電話番号と 暗証番号 契約時に記入した4桁の番号)を入力しSMSメールが送信されるのでで再設定を行います。 スマホでの表示の場合、以下のような画面が表示されます。 トップページから 契約確認を押してください。 契約確認から更新月から契約した内容を確認することが出来ます。 SoftBankのスマホの場合は スマ放題専用2年契約 もしくは ホワイトプラン専用2年契約が取り付けられます。 ソフトバンクの2年契約解約時の注意点 ソフトバンクの解約には注意がいくつか必要となります。 MNPを利用する際 MNPを使用して他社に移る場合は、 移動完了日が解約日となります。 申し込み日が解約日とはなりませんので、MNPを使用する時は早めに申請をしましょう。 月賦支払いの端末代に関して ソフトバンクのスマホを2年以上使わている方で、機種変更をしている方は月賦支払いの途中解約となります。 これまで、端末を分割支払い+端末割引で端末代を低価格で支払いが出来ていました。 残りの端末代は支払いことになりますので、ショップに確認、もしくは、【月賦契約内容】の確認から、月賦支払い残高を確認しましょう。

次の

ソフトバンク 解約したのに 引き落とし【字余り】

ソフトバンク 契約 確認

まだ旧プランユーザーの方は料金を見直すにあたって、自分の利用用途に合わせていずれかの料金プランを選択する必要があります。 以降で両プランの特徴をより詳しく解説します。 尚且つYouTubeやAbemaTVなどの動画視聴サービスからLINEやInstagramなどの主要SNSの多くが データ消費量ゼロで利用することができるのです。 1人での契約で、おうち割光セット(携帯セット割)を適用しない場合での月額料金は以下の通りです。 もし、現在契約しているプランで毎月月末に通信制限にかかり、データ量を課金して追加して結果的に上記の料金を上回っているような人はすぐにでも料金プランを変更するべきです。 ミニモンスター ミニモンスターは、 使ったデータ量に応じて料金が変動する従量制のプランです。 データ通信量5GBまでは、1GB単位で月額料金が変動します。 また、ウルトラギガモンスター+とは違って ミニモンスターは家族割の対象ではないので注意しましょう。 おうち割光セット(携帯セット割)を適用しない場合での月額料金は以下の通りです。 毎月通話をたっぷり使いたいという人はかけ放題通話オプションに加入しましょう。 通話オプションは以下の2つから選択できます。 ・データ容量は適切か? ・不要なオプションに加入してはいないか? ・契約の更新月・プラン変更のベストなタイミングはいつか? データ容量は適切か? 50GBの利用目安 現在の契約プランでの料金が高いと感じているのであれば、まずは自分が毎月どれくらいのデータ通信量を消費しているのかを把握し、それに見合った料金プランを契約することで無駄を省くことができます。 データ通信量をどれだけ毎月消費しているかは「My SoftBank」から確認することができます。 不要なオプションに加入してはいないか? 意外とありがちなことなのですが、店舗で契約した場合であれば、最初だけ指定のオプションへ加入することを条件に、お得なキャンペーンを提示されることがあります。 その際に加入したオプションを無料期間中に解約せずに契約し続けてしまっていた・・・なんていうことはないでしょうか? オプション代金も平均して月額300円以上発生したりするので、料金プランを見直す際に必ず不要なオプションに加入してしまっていないかを必ず確認するようにして下さい。 契約の更新月・プラン変更のベストなタイミングはいつか? 料金プランの変更は、契約期間が満了したタイミングで行うのがベストです。 なぜなら、多くの方は契約時に指定された料金プランへ加入することで、端末代が安くなったり月額料金が割り引かれたりしているからです。 契約期間中に料金プランを変更すると、場合によっては割引条件から外れてしまうこともあるので注意しましょう。 ただし、契約期間満了までの期間が長い方は、 機種変更が可能なタイミングで料金プランを変更するのもおすすめです。 機種変更が可能ということは端末の支払いも済んでいますので、割引条件を気にすることなく料金プランを変更できますよ。 ちなみに、ソフトバンクは「下取りプログラム」を利用して機種変更を行うと、最大60,600円の割引が受けられるので、ぜひ利用してみてください。 ソフトバンクの最安料金プランをシミュレーションしよう 最適なプランを選択して賢く運用しましょう ソフトバンクの最安プランを、iPhone・スマートフォンとガラケーの2つのパートに分けて紹介します。 キャンペーンなどは除外し、純粋な月額の最安運用プランです。 ソフトバンクの最安料金プラン~スマホ~ iPhone・Androidスマホを契約する場合の最安の料金プランは「ミニモンスター」です。 しかしながら、ソフトバンクではガラケーからスマホへ乗り換える人向けに 「スマホデビュープラン」と呼ばれるお得なプランを提供しています。 以下「スマホデビュープラン」の詳細です。 ソフトバンクの最安料金プラン~ガラケー~ ガラケーでの最安料金プランは 「ケータイ100MB」です。 プランの詳細は以下の通りです。 その他適用できる割引やキャンペーンを確認しよう ここまではあくまでのプランの通常料金の場合で料金シュミレーション等を実施してきましたが、ソフトバンクではお得なキャンペーンも実施中。 キャンペーンをフル適用することで、実質負担金額をグッと安くすることができます。 ソフトバンクで機種変更やプラン変更などする際にぜひとも適用させておきたい割引やキャンペーンを紹介します。 おうち割 おうち割とは、ソフトバンクのスマホとインターネット光回線のソフトバンク光をセットで契約した場合に適用できるセット割引です。 携帯料金だけではなく、ネット代や電気代などの他インフラサービスを総合的に割引するというのも大切です。 おうち割を適用することで毎月1,000円(税抜)の割引がされます。 もしネット回線の乗り換えも検討しているようであれば、スマホもネットもソフトバンクでまとめてしまうと請求の管理も楽でお得になりますよ。 家族割 他キャリアと同様に、ソフトバンクでも「家族割」を提供しています。 ミニモンスターやスマホデビュープランはソフトバンク加入回線としてはカウントされます。 人数 割引額 1人 0円 2人 500円 3人 1,500円 4人 2,000円 家族全員が別々のキャリアを使っているのであれば、家族割で皆が得するよう契約会社を1本化させるとよりお得です。 My SoftBankへアクセス 2. 「契約・オプション管理」の選択 3. 変更内容の確認 4. 書類の受け取り この項目ではオンライン上でソフトバンクの料金プランを変更する方法をご紹介していきます。 My SoftBankへのアクセス スマホやパソコンなどを使い、「」へログインをしてください。 「」へログインする際は、ご自身の携帯電話番号またはSoftBank IDに加え、パスワードが必要です。 SoftBank IDとは、「My SoftBankアプリ」をダウンロードした際に作成できるIDのことを指します。 「SoftBank ID」を忘れてしまった方は「」、パスワードを忘れてしまった方は「」から確認・再発行が可能です。 「契約・オプション管理」の選択 「My SoftBank」ログイン後は、「メニュー」を選択後、「契約・オプション管理」を選択してください。 このとき、データ定額プランへの変更を希望される方は「変更しない」を選択してください。 次は、「年間契約」と「通話オプション」を選択し、こちらも希望のサービスを選択します。 先ほど「変更しない」を選択した方は、ここでご希望のデータ定額プランを選びましょう。 最後は「テザリングオプション」申し込みの有無を決定してください。 もし必要であれば、このタイミングで申し込みをしておきましょう。 変更内容の確認 料金プランの変更がひととおり終わったら「変更内容の確認」を選択し、変更内容を確認してください。 変更内容に間違いがあった場合は、「戻る」ボタンで前の選択画面へ戻ることができます。 変更内容に間違いがなければ「同意する」にチェックを入れ、「申し込み」を選択してください。 書類の受け取り 先ほど「お手続き内容の確認方法」で「ご契約住所に書面で郵送する」を選択した方は、後日、料金プランを変更した旨の確認書類が郵送されます。 逆に「My SoftBankで確認する」を選択した方は、料金プラン変更後、ご自身の携帯にSMSが届き次第、「My SoftBank」から変更内容が確認できます。 書類または「My SoftBank」に表示された料金プランの内容に間違いがなければ、無事料金プランの変更は完了です! 変更した料金プランは基本的に翌月から適用となりますが、締め日の21時以降に変更を申し込んだ方は、翌々月から適用となる場合があります。 変更をした料金プランの適用日は「My SoftBank」内に表示されていますので、変更後は必ず確認をしておくようにしましょう。 おまけ:格安SIMへの乗り換えを検討してみる ソフトバンク間で料金プランを見直すのも大切ですが、一歩踏み込んでさらに安く豊富なプランを選択できる格安SIMを検討してみるのも良いでしょう。 そこで、ソフトバンクユーザーの方に最もおすすめしたいのが、「ワイモバイル」です! ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであるために、ソフトバンク光回線とのセット割である「おうち割」や家族割などのソフトバンクサービスが同様に適用できるのです。 ご覧のように、 ワイモバイルはソフトバンクよりも料金プランはシンプルで安いです。 使用感はほぼそのままで料金を安くするといったことが実現できるので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!.

次の