ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差。 プレミアムハナハナ 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 ランプ 設定変更(リセット)判別

プレミアムハナハナ 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 ランプ 設定変更(リセット)判別

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

ページコンテンツ• ツインドラゴンハナハナ 1. 設定差・設定推測 ベル確率 解析等は出ていませんが過去のハナハナシリーズを考慮すると設定差がある可能性が高いです。 参考にグレートキングハナハナのベル確率を載せておきます。 22 BIG中の小役確率 BIG中はサイドランプが激しく点灯したときに小役をフォローしましょう。 スイカorチェリーが成立します。 8 スイカが出現するほど高設定の示唆。 1回のBIGゲーム数は取りこぼしなしで24Gなので、 設定6の場合BIG4回に対してスイカが約3回出現する頻度になります。 設定1の場合はBIG4回に対してスイカが約2回出現する頻度になります。 REG中のサイドランプによる設定示唆 REG中に1度だけ左リール白7を中段にビタ押しし、スイカを揃えることによってサイドランプが点滅します。 点滅する色によって設定示唆。 設定 青 黄 緑 赤 虹 1 35. しかし、 設定6のみ虹以外の振り分けが均等になっている点に注意。 虹色点滅は大きな設定差があるので要注意。 出現したら高設定の期待度が上がります。 ボーナス終了後のフラッシュ ボーナス後にパネルフラッシュの有無によって設定示唆。 REG後の龍玉ランプには要注意です! レトロサウンド発生 100G以内のボーナス連チャン時にレトロサウンドに変化する抽選が行われています。 (前作までは87G以内でした。 ) この楽曲変更に設定差があると思われます。 解析等は出ていませんがグレートキングハナハナの数値を載せておきます。 設定 発生率 1 6. ツインドラゴンハナハナの特徴 新筐体となり迫力のある筐体となりました。 何といっても筐体上部にある龍玉ランプが特徴となっています。 ボーナス確率も軽くなっていて当たりやすい仕様になりました。 (機械割には変更なし。 ) シリーズ初の設定6確定演出も搭載されています。

次の

【解析・設定差】ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

設定判別ポイント 高設定ほどボーナスが当たりやすい• まとめ プレハナの設定判別のコツは、 まずは ボーナス確率ですね。 他のノーマルタイプはREGに設定差が 強い台が多いですが、ハナハナは違います。 BIGにも大きな差があるため、 REGが引けなくてもあまり気にしなくてOK。 これも重要です。 ハナハナシリーズはほとんど 解析値が出ないため、実践値が参考になるかと。 ツイドラから確定演出が増えたため、 従来のハナハナよりも判別速度は 早くなるかもしれませんね。 ジャグラーとは違い、ハナハナは• 高設定のスペックが高い• 設定示唆内容が豊富• 設定状況が良い このことから設定狙いにも向いています。 以上、「 プレミアムハナハナの設定判別まとめ」記事でした!•

次の

【解析・設定差】ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差

設定判別ポイント 高設定ほどボーナスが当たりやすい• まとめ プレハナの設定判別のコツは、 まずは ボーナス確率ですね。 他のノーマルタイプはREGに設定差が 強い台が多いですが、ハナハナは違います。 BIGにも大きな差があるため、 REGが引けなくてもあまり気にしなくてOK。 これも重要です。 ハナハナシリーズはほとんど 解析値が出ないため、実践値が参考になるかと。 ツイドラから確定演出が増えたため、 従来のハナハナよりも判別速度は 早くなるかもしれませんね。 ジャグラーとは違い、ハナハナは• 高設定のスペックが高い• 設定示唆内容が豊富• 設定状況が良い このことから設定狙いにも向いています。 以上、「 プレミアムハナハナの設定判別まとめ」記事でした!•

次の