どんな とき も wifi 無線 lan。 どんなときもWiFiは家の固定回線の代わりとして使えるか?1人暮らしのメインネット回線ならアリ!

どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんな とき も wifi 無線 lan

結構オススメですが、どんなときもWiFiは5台までしか端末を接続できず、自宅のWiFiとして使うと各部屋まで電波が届きにくい欠点があります。 スリープ中の端末も接続中としてカウントされるので、5台制限は結構厳しいです。 そんな場合、3000円程度の WiFi中継器を使えば、5台を超えて接続できて、なおかつ自宅内で電波が届きにくかった場所でも電波が届きやすくなります。 ここでは、どんなときもWiFiとWiFi中継器の使い方を詳しく説明していきます。 どんなときもWiFiの料金プランや実際に使えるデータ量などは下記の徹底検証に記載しているので参考にしてみてください。 どんなときもWiFiとWiFi中継器の目次• WiFi中継器を使えば、どんなときもWiFiでも端末5台を超えて使えるようになる どんなときもWiFiは そのままだと端末は5台までしか接続できません。 例えば、パソコン1台、タブレット1台、スマホ3台、計5台が限度になります。 もう一台繋ごうとすると接続できず、ネットにもつながりません。 スリープ状態のタブレットやスマホも接続としてカウントされているので、意外と5台制限はうざいです。 スリープ時はWiFi接続を切る設定にするとカウントされません 自分だけだったらなんとかなるかもですが、自宅のWiFiとして家族で使う場合、5台制限に引っかかる可能性がかなり高いです。 そんな場合、 WiFi中継器を使えば5台を超えて接続できます。 どんなときもWiFiに直接繋げるのを4台までにすれば、WiFi中継器で何台でもスマホなどの端末をつなげられます。 ただし、すべてのWiFi中継器が対応しているわけではないです。 対応している場合でも中継器で繋げられるのは最大10台くらいかなと思います。 何れにせよ、対応した中継器を使えば繋げられる台数を大幅に増やすことができます。 実際は9台全て繋がっています。 WiFi中継器を使えば、どんなときもWiFiの電波が届きにくい場所でも届くようになる 自宅内 WiFi中継器を使えば、どんなときもWiFiの電波が1. 3倍くらい遠くに飛ぶ どんなときもWiFiを自宅のWiFiとして使う場合、例えば3階の部屋にどんなときもWiFiを置くと、2階はWiFiの電波が少し悪くなり、お風呂場は電波が届かなくなります。 1階は絶望的です。 雑ですが、頑張って図を描いてみました・・。 4GHz帯が不安定な場合はWiFi中継器を使うと5GHz帯が使えて電波が安定するかもです。 WiFi中継器を使えばWiFiの電波が1. 3倍くらい遠くまで届くようになります。 具体的にはこんな感じ。 WiFi中継器を3階の階段付近のコンセントにぶっ刺しておけば、2階の部屋やお風呂もWiFiの電波が通るようになります。 ただ、この場合も1階は難しいです。 その場合は、WiFi中継器をもう一つ買って、2階の階段付近のコンセントにぶっ刺しておけば、1階も問題なく使えるようになります。 建物の形状や材質などによって、ケースバイケースになってしまうかもですが、大体はこんな感じです。 WiFi中継器ならWiFiの5GHz帯、ビームフォーミング、有線LANポートに対応している場合も どんなときもWiFiは2. 4GHz帯のWiFiを使っているので、マンションなどWiFiの過密地帯だとWiFiの電波が悪くなる可能性があります。 そんな場合は デュアルバンド同時接続対応のWiFi中継器ならWiFiの5GHz帯が使えるので、WiFiの過密地帯でも電波が安定します。 デュアルバンド同時接続対応が必要です。 デュアルバンド同時接続対応は、エレコムだとクロスバンドモード、NECだとWi-Fi高速中継機能と呼んでます そのほか、ビームフォーミングに対応したWiFi中継器ならWiFiの電波が遠くに届きやすくなります。 WiFi中継器の中には有線LANポートがあるものがあるので、その場合はデスクトップパソコンやネット対応テレビなどに有線LANで繋げて、速度がより安定しやすくなります。 WiFiの電波が遠くに届きやすくなる、ビームフォーミングにも対応しています。 ただ、距離はそんなには稼げない感じです。 中継器1台だけだと1. 3倍くらい遠くまで電波が届くくらいです。 4gと5gで2台分)上にre200のssidに接続してもどんなときもWiFi本体の接続台数にカウントされてしまい5台制限は突破できませんでしたのでご報告です。 TP-Link RE200だと中継器を2台分としてカウントして、さらに中継器経由でも接続台数にカウントしていくそうです。 RE200だと足手まといでしかない感じ・・。 どんなときもWiFiとTP-LinkのWiFi中継器とは相性が悪そうです。 無事に5台を超えても繋げました。 速度も変わらず使えて快適です。 WN-G300EXPは3000円以下で買えて安いので、こっちを買うのが良い気がします。 もし動かなかったーとかなっても、責任取れとか言わないでください・・。 動作しなかったら、で情報提供してくれると助かります。 他のWiFi中継器 または親機の中継機能 で動作した場合もコメントで情報提供してくれると嬉しいです。 どんなときもWiFiの近くにWiFi中継器を置いて設定を行います。 4GHzスイッチがあれば2. 4GHzにします。 設定が完了した後にWiFi中継器をコンセントから外して、設置しようと思っていた場所にWiFi中継器を設置します。 コンセントから外しても、WiFi中継器の設定がなくなるとかないので大丈夫です。 パソコン、タブレット、スマホのSafariやChromeからログインできます。 今回はパソコンから設定します。 WiFi中継器はWEX-1166DHPを使って設定しますが、基本的にはどのWiFi中継器も同じような流れになります。 パソコン またはスマホなど から初期設定SSID「! Setup-」から始まるSSIDのWiFiにつなげます。 SSIDに繋いだらブラウザーを開いて、アドレス欄に「192. 168. 210」と入力して実行します。 ユーザー名に「admin」、パスワードに「password」を入力してログインします。 「無線親機を選択してつなぐ」をクリックします。 「接続先を選択する」をクリックして、どんなときもWiFiのSSID GlocalNet・・ を選択して、どんなときも WiFiの端末に記載されているパスワード 暗号化キー を入力して、設定をクリックします。 1〜2分すると接続設定が完了します。 スマホ等からWiFi中継器のSSID 今回はExtender につなげて、ネットをしてみてください。 問題なく使えるようなら、それで設定完了です。 あとは、WiFi中継器を設置しようと思っていたところに設置するだけです。 どんなときもWiFiの端末から、 途中でドアを挟んでいる場合は最大6〜7m程度、障害物が特にない場合は最大10mほど離した場所にWiFi中継器を設置するのがオススメです。 どんなときもWiFiから遠すぎると、WiFi中継器との通信が不安定になるので、距離を欲張らずに設置するのが重要です。 電波がよく切れるとかの理由の大半は、WiFi中継器の設置場所が遠いからです。 どんなときもWiFiとWiFi中継器のまとめ どんなときもWiFiは最大5台までしか接続できず、自宅のWiFiとして使う場合はWiFiの電波をすべてカバーするのは難しいです。 そんな場合にWiFi中継器を使えば、最大5台制限を突破して使うことができて、自宅のWiFiの電波のカバー範囲を広げることができます。 WiFiの電波が届きにくいお風呂にも電波が届いたりします。 WiFi中継器があれば、スマホやタブレット、パソコンなどたくさん接続できますが、注意点は1つの端末で大容量のファイルをダウンロードすると、他の端末の通信速度が結構低下して使い勝手が悪くなることです。 複数の端末で動画を見る程度なら大丈夫ですが、WindowsアップデートやiOSのアップデートなど、そういった大容量のダウンロードをする場合は、他の端末でどんなときもWiFiを使っていない時間帯でダウンロードするのがオススメです。 注意点は、こんなもんです。 5台を超えて使いたい場合や、自宅のWiFiの電波を良くしたい場合にWiFi中継器を使ってみてください。 その他のおすすめのWiMAXとポケットWiFi• 現在契約中• 現在契約中• ドコモ回線とau回線もありますが、速度が速いソフトバンク回線がおすすめです。 月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。 通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。 FUJI WiFi FUJIWiFi では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。 2020年7月31日までのキャンペーンです。 デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。 ソフトバンク回線なら速度も速いです。 総合評価:楽天回線エリアで楽天電波が使える場所なら、WiMAXと光回線の代わりなります。 WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えて、先着300万人まで1年間無料です。 2年目以降でも月2980円です。 楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiにしたり、ホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。 楽天回線エリアで主に使う場合は、楽天モバイルを試してみることを強くオススメします。 うまく使える場合はコスパ最高の通信サービスです。 だと月5GB&低速1Mbpsです。 総合評価:キャッシュバックは簡単にすぐ受け取れます。 月額料金は他のWiMAXプロバイダーよりも高いですが、1年契約で自動更新なしで契約できます。 13ヶ月以内にやめても違約金は1000円だけです。 自由です。 その他のWiMAXとポケットWiFi関連の情報• 中継機ではなくコンパクト無線LAN親機となっていますが、 BUFFALOの AirStation WMR-433W2の黒で2000円位で購入 ワイヤレスワンモードで接続mugenwifiのU2sでの検証でです u2sではAirStation と確認時はスマホの2台認識 AirStation には無線でスピーカーとリモコンで2台、タブレット3台、 スマホ(確認後AirStationから切り替え)1台、有線LANでデスクトップ1台 接続台数は3台目安みたいですが、超えているので、 速度が許すなら少し多めにつなげるのかもしれません 中継機が販売店においてないですが無線LANの親機の代用が無理なんですかね、、、 ちなみにTP-linkの中継機RE300は無理でした 公開情報ありがとうございました。 とっても参考になりました。 当方クラウドwifi東京でクラウドsimの限界突破を目指しました。 使用したのはELECOM製WRC-300FEBK-R 安さで選びました。 結果成功し5台以上つながり限界突破できました。 しかし、SSIDがクラウドsimと統一されてしまい、本体か中継器かどちらかにつながっているのか、わからないのが難点です。 実際家庭内6機種正常稼動しており、そのままクラウドsimの管理画面で確認すると1機種中継器のみ接続中でした。 この中継器の取扱説明書には同時接続台数10台までと記載あるので余裕が感じます。 参考になればと思い、管理人様への感謝のコメントでした。 バッファローWEX-1166DHP2でも限界突破できましたよ。 設定から独自ssidを割当る事で中継機に確実に繋げる事ができました。 iphoneを繋ぐ場合は、暗号化モード wifiセキュリティ方式 をWPS2-PSK TKIP オススメ かWPS2-mixedで正常につながりました。 ついでにiphoneをクラウドSIM端末 初期設定 に繋げた場合、iCloudバックアップが正常に出来ず、また決済サービス等も使用不可になりますが、これは保護機能が悪さをしています。 【場所: 192. 168. 〇〇WiFi系のクラウドSIM端末でiphoneをお使いの方は必須設定のようです。

次の

WiFiとは?無線LANとの違いは?初心者向けに図解してみました

どんな とき も wifi 無線 lan

この方法は、自宅用でどんなときもWiFiを使いたいとき、一台ぶんのカウントでパソコンを複数ネット接続できるので便利です。 中継器で有線接続するメリットとデメリット まとめ この方法の【メリット】• 台数制限を超えて、 中継器のポート数だけ接続できる• 安いものだと 2000円程度でも買える この方法の【デメリット】• 平均速度が落ちる• 無線子機よりは 値段がする• 設定が必要• 別途、中継器の 置き場所が必要 ひとつずつ解説していきますね。 台数制限を超えて接続できる【自宅用として充分使える】 どんなときもWiFiのルーター「D1」 の 最大接続数5台を超えて、別途導入する 無線LANルーターのポート数ぶん、パソコンにLANケーブルで有線LAN接続ができます。 「D1」側の接続台数カウントは、1台のままです。 一台ぶんを分配するイメージです。 これがこの方法の最大のメリットであり、導入する理由ですね。 自宅用のインターネット回線として、固定回線の代わりとして充分に使えます。 安いものだと2000円程度でも買える 中継器モードにできる無線LANルーターは、安いものだと2000円程度でも買えます。 こちらは小さくて安くてオススメです。 私も数年前に購入して自宅にあったので、これを使って実際に4台のパソコンにつなげています。 リンク 平均速度が落ちる 安定はしますが、分配しているので平均速度は落ちます。 USB無線LAN子機よりは値段がする USB無線LAN子機を使って一台ずつ直接D1にパソコンを接続する方法もありますね。 ) USB無線LAN子機は安いと1000円以下のものもありますが、中継器モードのできる無線LANルーターはもう少し値段がします。 今回ご紹介しているエレコムのWRC-300FEBKは、AMAZONでも2000円くらいです。 最大5台で良いから安く済ませたい方は、USB無線LAN子機で安く簡単にデスクトップパソコンを接続する方法もご紹介しているこちらの記事が参考になると思います。 リンク まず、WRC-300FEBKを中継器モードにする• 中継器本体の裏面、スイッチを「Router」に合わせます。 パソコンの有線LANポートにLANケーブルを差し込みます。 LANケーブルの片側を、中継器のLANポートのどれかに差し込みます。 「WAN」ではありません。 パソコンでブラウザを開いて、URL欄に 192. 168. 1 と入力すると管理画面が開きます。 画面メニューの「モード変更」を開き、中継器モードを選んで適用します。 2分ほど待つと中継器モードになっています。 次に、どんなときもWiFiのルーターD1と中継器を接続する• 中継器のLANケーブルを、LANポートから「WAN」に差し替えて1分待ちます。 パソコンでブラウザを開いて、URL欄に 192. 168. 251 と入力すると管理画面が開きます。 画面メニューの「無線設定」を開き、検索ボタンをクリックします。 接続できるWi-Fiリストが出ますので、自分のどんなときもWiFi回線のSSIDを選び、適用を押します。 接続パスワードを入力して適用を押します。 設定を反映するために、更新を押します。 右上に「親機と無線接続できています」と表示されたら、接続設定完了です。 「WAN」からLANケーブルを外してOKです。 そして、中継器とデスクトップパソコンを接続する• 中継器のLANポートにLANケーブルを差し込みます。 LANケーブルの片側を、デスクトップパソコンの有線LANポートに差し込みます。 これで、インターネットが見られるはずです。 パソコンでどんなときもWiFiのインターネット接続が完了です。 5台の台数制限じゃ足りない人向けの方法を紹介しました 複数のパソコンを使い、自宅用でネットをするには、どんなときもWiFiの5台の台数制限じゃ足りないという人向けの方法をご紹介しました。 もちろん無線LANの中継器になるものでしたら、他の機種でも同様のことができます。 もっと高価な中継器だと、もっと多く分配したり、中継器からも無線LANが飛ばせてスマホも複数接続できるなど、良い点が増えるかもしれません。 台数制限を超えてたくさん接続したい方も、これでどんなときもWiFiを存分に利用できます。

次の

どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんな とき も wifi 無線 lan

スマホユーザー急増の今、街中でWi-Fiが無料で使えるスポットをたくさん目にするようになりました。 Wi-Fiと無線LANの違い、あなたは説明できますか? 知ったつもりで意外と知らない、今さら聞けないITの基本をご紹介します。 そもそも無線LANってなんのこと? 無線LANとは、文字の通りケーブルがなくてもインターネットに接続できるシステムのことをいいます。 さらに詳しく説明すると、無線LANを利用するには光回線やADSL回線などのブロードバンドモデムにつなぐ親機(無線LANルーター)と、親機から発信される電波をキャッチする子機が必要になります。 最近では子機が内蔵されているパソコンがほとんどですので、親機を用意すれば無線LANの利用が可能となります。 パソコンに限らず、携帯電話・プリンター・デジカメなどの機器もケーブルなしでインターネットに接続できるようになります。 ではWi-Fi(ワイファイ)ってなんだろう? Wi-Fiとは、Wi-Fi Allianceという団体に認証された、無線LANの認定規格の一つです。 現在はWi-Fiに対応した機器(パソコン・スマートフォン・プリンターなど)が主流ですので、特別な設定をしなくても簡単に無線でインターネットが利用可能になりました。 無線LANとWi-Fiは結局何が違う? 無線LANとWi-Fiって同じじゃないの?と思う方もいるでしょう。 確かに、最近では無線LAN全般を指して「Wi-Fi」と呼ばれることも多くなっています。 この二つの明確な違いは、 無線LANという大きなくくりのなかにWi-Fiがあるという事です。 例えば、自動車という乗り物(無線LAN)と、その中のブランドである日本車(Wi-Fi)のようなイメージです。 無線LANというシステム自体は1990年代から登場していましたが、当初はなかなか普及しませんでした。 機器が高価であったり、有線LANのようにサクサクインターネットが使えなかったことも原因ですが、なにより別々のメーカーの親機と子機では接続できないといった不便さが、普及を足止めした大きな理由といえます。 そこで、このような問題を解決するために、1999年に各国メーカーによって無線LAN製品の普及を広げるための団体(現:Wi-Fi Alliance)が設立されました。 このとき、無線LANの接続方式「IEEE 802. 11」を国際標準規格として定めました。 この団体は異なるメーカーの製品同士が接続できるかをテストし、合格した製品に対して「Wi-Fi」というロゴマークを与えるようになりました。 消費者はこのマークを目印に機器を選ぶようになり、安心して購入できるようになったのです。 このような経緯があり、現在では「無線LAN」と「Wi-Fi」は同じものという認識が一般的になったのです。

次の