フランス語 数字 読み方。 世界の数字表記と読み方一覧【13カ国】0~1000の数え方|外国語の数字

フランス語の数字の覚え方、10000以上はカンマを使うと便利【実践録】

フランス語 数字 読み方

もくじ• これがフランス語の数字の数え方が難しいと考えられる所以ですね。 70は soixante-dix スワサント・ディス と言いますが、これは 60であるsoixante スワサント と10であるdix ディス を足すと考えます。 次に80は quatre-vingts キャトル・ヴァン ですが、これは 4であるquatre キャトル 掛ける20であるvingt ヴァン で80という考え方です。 90は quatre-vingt-dix キャトル・ヴァン・ディス ですが、これは先ほどの 80であるquatre-vingts キャトル・ヴァン に10であるdix ディス を足したと考えます。 複雑なようで、理屈を覚えてしまえば簡単です!ただ、大人になって新しい語学を始めると、なかなか頭に入らないですよね。 やっぱり語学学習に重要なのは、声に出すことです!うちの娘もフランスの小学校で、数字を覚えるために毎日口に出して数えています。 フランス語で簡単な言葉で話してもらえたら理解できるんだけど、ネイティブが早い言葉で話すと全く聞き取れなくなるんです。 これは、圧倒的に、耳から聞いているフランス語の量が少ないせいで起こります。 どうやって勉強したらいいかなと考えたときに、すすめられたのがディクテ ディクテーション です。 語学を勉強したことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。 ネイティブの人が、きちんとフランス語を聞き取ることが出来、会話が出来るのは、子供の時からフランス語をずっと聞いて勉強して来ているからです。 私たちのように、大人になってからフランス語の勉強を始めて、フランス語力を伸ばしたいと思うのだったら、やはり時間をかけてたくさんのフランス語に触れるしかないんですね。 そして、その勉強に良いのが、ディクテです。 ディクテのやり方は、一文ずつ聞いたものをそのまま文に書いていきます。 人間は、きちんと聞こうと思って話を聞かない限り、頭には入らないんです。 そのため、どんなにフランス語を勉強しようと思って、耳からシャワーのように聞いたとしても、理解ができるようになることはないです。 コマーシャルでよくある、外国語を聞くだけで話せるというのは、嘘です。 どんだけ聞き流しても、上達はしないです。 ディクテは、一文一文、耳で聞こえたものを、そのまま文にします。 傾聴しないといけないので、ものすごくフランス語に集中し、これを毎日のように続けていると、数か月で効果が出てきます。 ちなみに、ディクテで選ぶ教材は、色んなシチュエーションでネイティブが会話をしているのが良いです。 あと、答え合わせをしなければいけないので、フランス語のスクリプトが付いているものを選びましょう。 ラジオなどは、かなりの上級者向けですね。 英語の教材は、本屋でもどこでも、ものすごい量で色んなレベルのものが売っていますが、フランス語って本当に少ないですよね。 その中で良かったのが でした。 こちらは、ビデオで勉強ができるのでおすすめです。 しかも、無料視聴も出来ます。 いきなり買ってみて、全然よくなかったと言って、結局使わなかったということが避けられるんですね 実は私はいくつかそういう教材を持っているんです・・。 ただの本だったら、本屋でも見ることが出来ますが、音声になると、試しに聞くことはできませんよね。 そういう時に無料視聴が出来るのは安心ですね。 しかも、口コミも高い!こちらは初級者から中級者にいいと思います!ぜひ無料でまずは試してみてくださいね。

次の

フランス語・生活でつかう【数字】の読みあげ方-ラジオココタ@fr

フランス語 数字 読み方

フランス語の数字は70から計算式に 前回の記事「」の続きです。 ここではフランス語の数字の「70〜100」を説明します。 フランス語の数字の表現について、70からは文法的には計算式になります。 計算式方式の数字の表現については、最初は理屈で構造を把握したあとは、丸暗記に限ります。 70〜79のフランス語 70からは、60(soixante)に10桁の数字(10〜19)までの数字を足し算して、70〜79を表現します。 70 フランス語で数字の「70」は「 soixanteーdix(スワソントゥディス)」です。 71 フランス語で数字の「71」は「 soixante et onze(スワソンテオンズ)」です。 「et」を忘れずに! 72 フランス語で数字の「70」は「 soixante-douze(スワソントゥドゥズ)」です。 81からは「et」がなくなり、「quatre-vingt-un(カトルヴァンアン)」のように「ー(ハイフン)」で数字をつなぎます。 80 フランス語で数字の「80」は「 quatre-vingts(カトゥルヴァン)」です。 「vingts」の最後の「s」を忘れずに! 81 フランス語で数字の「81」は「 quatre-vingt-un(トランテエアン)」です。 「vingt」の最後の「s」が81からなくなり、一桁の1に「et」を付けません。 82 フランス語で数字の「82」は「 quatre-vingtーdeux(カトルヴァンドゥ)」です。 90 フランス語で数字の「90」は「 quatre-vingt-dix(カトルヴァンディズ)」です。 「vingt」の最後の「s」は90から付けません。 91 フランス語で数字の「91」は「 quatre-vingtーonze(カトルヴァンオンズ)」です。 92 フランス語で数字の「92」は「 quatre-vingt-douze(カトルヴァンドゥズ)」です。 100以上と0. 1以下の数字 70からの計算式の数の数え方は、少し難しいと思います。 一つの数字を思い出すのに、計算式を思い浮かべるのは効率が悪いので、70からは、最初の数字の構造だけは頭に叩きこんでしまいましよう。 100以上と0. 1以下のフランス語の数字については『』で詳しく紹介しています。 合わせて確認してみてください。 フランスに住みたいなら フランスに住んでみたいと思ったことはないですか? フランスで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『フランス生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

フランス語の手書き数字、読めますか?知っ得!手書きの1と4と7

フランス語 数字 読み方

フランス語の「時間」の表現 まずは、単位としての時間・分・秒です。 複数になるとすべて s がつきます。 数字にheure、minute、secondeをつけて読みます。 1分 une minute ユヌ ミニュトゥ 15分 quinze minutes キャーンズ ミニュトゥ 30分 trente minutes トろント ミニュトゥ 45分 quarante-cinq minutes キャらント サンク ミニュトゥ 分を表すには原則として基数を用いますが、日常会話では次のような表現もします。 午前7時 sept heures du matin セッターる デュ マタン 午後7時 sept heures du soir セッターる デュ ソワーる フランス語/時刻の書き方・表現 Il est cinq heures moins le quart. 5時15分前です 時刻を表現するときには、 Il est 時間 イ レ 時間 という言い方をします。 このilは非人称主語と呼ばれる主語で、時間や天候を表すときに使います。 1時5分です Il est une heure cinq. イ レ ユヌゥーる サンク 2時10分です Il est deux heures dix. イ レ ドゥズゥーる ディス 正午です Il est midi. イ レ ミディ 夜12時です Il est minuit. イ レ ミニュイ また、数字で時間を表示するときには、 10h30のように hを使います。 ・午前と午後の違いを示した表現 Il estの後に次のように続きます。 ・12時間制 時刻を表すとき、上記のように1~12の数字で表す時間は通常、会話で使われます。 その時には、 15分を quart カール 30分を demi ドゥミ 45分を逆算して moins le quart モワン ル カーる で次のようにも表現します。 7時15分 sept heures et quart (セットゥーる エ カーる) 7時半 sept heures et demi (セットゥーる エ ドゥミ) 8時15分前 huit heures moins le quart (ユイットゥーる モワン ル カーる) ・24時間制 公式な場、または表示 交通機関、時報、官公庁、軍隊など には24時間制を使います。 フランス語/時間を聞く表現 いろいろな時間を聞く表現です。 ・今何時ですか。 Quelle heure est-il? (ケルーる エティル? ) ・何時からですか。 A partir de quelle heure? ア パるティーる ドゥ ケルーる ・何時までですか。 ジュスカ ケルーる ・何時間かかりますか。 コンビヤン ドゥ トン サ プろン フランス語/日付の書き方・表現 日付が道の名前に使われているのは、面白いですね。 日付は 日にち、月、年の順に記します。 年は、英語のように2ケタで区切らず、日本語と同じように千、二千と読みます。 ヌ ソム ル キャトーズ ジュイエ と Nous sommes から始め、冠詞の leを付けます。 また、月の「ついたち」だけは、序数詞の premierを用い、 1erと表記します。 【関連記事】•

次の