郵便局 荷物受け取り 時間。 ゆうパックの不在票の荷物を郵便局の窓口で受け取る方法

実際に郵便為替証書を換金してわかった受け取り場所と書き方

郵便局 荷物受け取り 時間

突然郵便為替証書を受け取って、どうしていいのかわからず悩んでいませんか? 私が郵便為替証書を受け取った経緯は、ネット回線のフレッツ光を光コラボに転用した特典としてです。 転用の特典で5000円のキャッシュバックがあるとは聞いていましたが、その受け取りが郵便為替証書でした。 ですが、郵便為替証書という存在自体を知らなかったし、どうやって換金するのかも全く知りませんでした。 受け取ったときは、 ・郵便為替証書はどこで換金できるの? ・コンビニでもできる? ・土日でもできる? ・どうやって書けばいいの? など、たくさんの疑問が湧きました。 実際に私が郵便為替証書を換金してわかったことをまとめますので参考にしてください。 スポンサーリンク 郵便為替証書の換金場所 郵便為替証書は、ネットや口座を介することなくお金を送る方法の一つで、ゆうちょ銀行が提供する送金・決済サービスです。 ですので、コンビニや銀行では換金できず、郵便局のみでしか換金できません。 コンビニに郵便為替証書を持っていっても、「何ですかそれ」と言われるので注意しましょう。 郵便為替証書は土日でも換金できる? 平日は仕事で郵便局やゆうちょ銀行に行く暇がなく、土日しか行けない人もいると思います。 ですが、郵便為替証書は郵便局の貯金窓口でしか換金できません。 大型郵便局では、土日でも営業していますが、営業しているのは郵便窓口のみなので、平日しか換金することができません。 郵便局の貯金窓口は大型店舗以外は平日9時〜16時まで、大型店舗は平日9時〜18時までとなっているので、早めに仕事を切り上げて大型郵便局で換金するか、代理人に頼むかしてください。 郵便為替証書の書き方 [指定受取人おなまえ] この欄がもともと空欄の場合は、特に記入しなくてもOK。 ここに記入があるのは、送付人が記載されている人以外の人が不正に換金できないようにしている場合などですが、郵便為替証書の指定受取人おなまえは記載されていない場合が多いと窓口の方が教えてくれました。 [おところ・おなまえ] 実際に窓口で換金する人の住所・氏名を記入して、捺印します。 代理人の人に換金を頼む場合、「指定受取人おなまえ」にもともと記載がなければ、代理で受け取る人の名前をおところ・おなまえに書けばOK。 万が一、「指定受取人おなまえ」に名前の記載があり、本人以外の人が換金する場合は、裏側の代理人欄に代理人の名前と住所と押印をします。 郵便為替証書の換金方法 郵便為替証書に換金する人の住所・氏名・押印があることを確認し、ゆうちょ銀行(郵便局)へ持参します。 ゆうちょ銀行(郵便局)の貯金窓口へ提出すると、為替証書を確認して、すぐに現金をもらうことができました。 私は受取金額が5000円だったので本人確認書類の提出は求められませんでしたが、10万円を超えるような大きな金額を受け取る場合、本人確認書類(免許証やパスポート)が必要になるので、換金の際には念のために持っていってください。 郵便為替証書の有効期限 郵便為替証書には有効期限があります。 有効期限は、発行日より6ヶ月となっているので、受け取ったらなるべく早く換金しましょう! 期限切れの郵便為替証書はどうする? うっかり忘れていて、為替証書の有効期限が切れてしまった!という場合、再発行の請求が必要です。 窓口で、有効期限が切れたことを伝えると、裏面に再発行請求・住所・氏名・押印をします。 為替証書を回収され、後日新しい郵便為替証書が郵送されます。 また、発行日から5年間為替証書の再発行または為替金の請求がない場合には、受取人は、為替金を受け取りができなくなるので注意が必要です。 まとめ 普段あまり目にすることのない郵便為替証書を受け取った時、どうしていいかわからないと思いますが、受け取る人の住所と名前と押印をしてゆうちょ銀行(郵便局)の貯金窓口に提出すれば、すぐに換金することができます。 有効期限が6ヶ月なので、期限内に忘れずに換金するようにしましょうね!.

次の

郵便局からの荷物(ゆうパックなど)を不在で受け取れなかった時、保管期限は3日伸ばせました

郵便局 荷物受け取り 時間

再配達される郵便物によって、時間帯が異なります。 「ゆうパック」か「ゆうパック以外」かの、2種類に分類されます。 以下にまとめてみました。 ゆうパック ゆうパック以外 午前中 8:00頃〜12:00頃 12時頃〜14時頃 12:00頃〜14:00頃 14時頃〜16時頃 14:00頃〜17:00頃 16時頃〜18時頃 17:00頃〜19:00頃 18時頃〜20時頃 19:00頃〜21:00頃 20時頃〜21時頃 どちらも朝は8時から夜は21時まで ゆうパックの場合も、そうでない場合も朝は8時から配達開始のようです。 夜は一番遅い時間で21時、これもどちらも共通のようですね。 ゆうパックか、そうでないかで、日中の時間帯が多少異なります。 時間帯指定をするときは、荷物の種類にも注意してみましょう。 21時以降になることも・・・ ごく稀にですが、21時を回ることもあるようです。 大雪や通行止めなど、交通事情によるものが多いそうです。 また、お中元やクリスマスなど、ググッと物量が増える時期にもあるようです。 このような場合は、大抵配達員の方から一報あるそうです。 あまり遅い時間だと都合が悪い場合は、その旨を伝えましょう。 21時以降の配達になってしまう場合は特例ですので、注意してください。 関連ページ ポストやドアに不在表が入っていた事、ありますよね? 「再配達してほしいけど、この時間でも出来るのかな?」 「どうしても今日中に手にしたいのだけど・・・」 今回は郵便物の再配達時間から、当日に荷物を受け取る方法について説明していきます。 郵便の再配達って便利でいいですよね! 電話やネットで手軽に依頼できるし、時間帯も指定可能だし。 でも急用ができて、指定した時間に在宅できない場合はどうするの? 今回は再配達で一度申し込んだ時間帯を、変更する方法や注意点を説明していきます。 郵便物を受け取れなかった時に、ポストなどに不在票がはいっていたことありませんか? 一度配送に来てくれたことも分かるし、近くまで荷物が来ていることも分かるので、非常にありがたいですよね。 しかし、いざ荷物を追跡しようと番号を入力しても受け付けてくれなかったら困りませんか? 今回は、そんな時の対処法と、いくつかの原因を説明していきます。 留守中に郵便物が配達された場合、郵便受けに不在連絡票が入ります。 再配達を依頼する際、追跡番号が必要になるのでしょうか? 再配達の依頼は、どのようにすれはよいのでしょうか? 郵便物の再配達を依頼される場合、追跡番号が必要なのかと受付方法を調べてみました。 郵便物の配達時に留守をしていて、受け取れなかった時ってありますよね? 今日中に受け取りたいけど、どうすれば再配達してくれるの!? そこで当日配達された郵便物を今日中に受け取りたい場合の再配達の受付方法と、受付時間帯をご紹介します。 郵便配達時に留守をしているときに本人確認が必要な郵便が届いた場合、不在連絡票が入ります。 再配達の依頼は電話、FAX、郵送、Web、郵便窓口での受け付け、スマホからできます。 どれも面倒に感じるかもしれませんが、スマホを持っている方だと簡単に再配達を依頼することができるので、その種類と方法をご紹介します。

次の

郵便局留や、不在時に受け取れなかった郵便物・荷物を郵便局の窓口で受け取る際に必要なものは何ですか?

郵便局 荷物受け取り 時間

郵便物とは、手紙やはがきなどのことです。 郵便物は、定形郵便物と、定形外郵便物に分けられます。 さらに定形外郵便物は規格内、規格外の種類があります。 料金は、郵便物の種類と重さで決定します。 定形郵便物として配達できるものは、郵便物の長辺の長さが最短で14cmから最長で23. 5cm、郵便物の短辺の長さが最短で9cmから最長で12cm、厚さが最大で1cm、重さが50g以内のものです。 定形外郵便物で規格内のものとして配達できるものは、郵便物の長辺の長さが最大34cm、郵便物の短辺の長さが最大25cm、厚さが最大3cm、重さが1kg以内のものです。 定形外郵便物で規格外のものとして配達できるものは、長辺の長さが60cm、長辺と短辺の長さと、厚さを合計したものが最大90cm、重さが4kg以内のものです。 郵便局の窓口で荷物の配達を依頼するときには、ゆうパック、重量ゆうパックというサービスを利用することになります。 郵便局によっては、目的別ゆうパックというサービスが提供されています。 ゆうパックで送ることのできる荷物のサイズは、直方体でいうところのたて、よこ、高さを加えた合計が170cm以下となるもので、重さが25kg以下のものです。 ゆうパックのサービスは全国の郵便局の窓口で取り扱っています。 重量ゆうパックで送ることのできる荷物は、サイズはゆうパックと同じ制限で、重さが25kgを超え、30kg以内のものです。 重量ゆうパックは全国の郵便局の窓口から利用できます。 目的別ゆうパックは、チルドゆうパックなど、特別な荷物を配達するためのサービスです。 目的別ゆうパックを取り扱っていない郵便局があります。 日本郵政グループのホームページから調べることができますので、サービスを利用する際には、あらかじめ調べておきましょう。 配達される郵便物に注目します。 配達される郵便物は、「急ぎのもの」と「普通のもの」という種類に分けられます。 急ぎのものは、急ぎの郵便物と急ぎの荷物があります。 急ぎの郵便物とは、書留や速達、配達日指定などの手紙やはがき、レターパックといったものです。 急ぎの荷物は、ゆうパックなどがあります。 普通の郵便物とは、手紙やはがき、封筒、定形郵便物、定形外郵便物といったものです。 普通の荷物とは、ゆうメールで、書留や速達等がない場合です。 急ぎの郵便物や荷物は、平日、土日、祝日に配達されます。 一方、普通の郵便物や荷物は、平日、土曜に配達され、日曜祝日には配達されません。 日曜祝日に配達されるものは、レターパックや速達、書留の手紙やはがきである急ぎの郵便物、そしてゆうパックなどの急ぎの荷物となっています。

次の