漢方 ed治療薬 効果。 漢方精力剤とED|EDとは【浜松町第一クリニック】

「ED」に効く漢方:幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方:日経Gooday(グッデイ)

漢方 ed治療薬 効果

写真はイメージ = c hikrcn-123RF Aさんは、彼女に言われたある言葉をきっかけに、自信がなくなりました。 性交に集中できず、気が散ってしまいます。 いらいらしやすく、のぼせがちで、寝つきがよくありません。 紅色の舌に黄色い舌苔が付着しています。 ED(勃起不全)は幅広い年齢層の男性が持つ悩みのひとつで、患者数は、成人男性の4人に1人、50~60代では2人に1人にのぼるともいわれています。 EDの原因として、もちろん加齢もありますが、よくみられるのは 精神的なストレスや不安、うつ、あせりなどによる心因性EDです。 ほかには 食事の不摂生、アルコール類の飲みすぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣が原因となる場合もあります。 糖尿病や高血圧、脂質異常症などの病気の影響でEDになることもあります。 西洋医学の門をたたけばバイアグラ、シアリス、レビトラなど即効性のあるED治療薬があり、一時的な症状改善には有効性があります。 ただし、それらの薬で 副作用の出る人、あるいは健康的で自然な性機能を回復させたい人などは、漢方薬を服用して健全な心身の状態を取り戻すことにより、EDの根本的な改善を図るといいでしょう。 ED(勃起不全)と関係が深いのは、腎・肝・心・脾 人の生殖機能は、五臓の腎(じん)に含まれます。 腎の機能(腎気)は、生きるために必要なエネルギーや栄養の基本物質である精(せい)を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、ならびに水液や骨をつかさどることです。 漢方の古典『黄帝内経(こうていだいけい)』をみると、男性の生殖機能は8年周期で変化する、とあります。 たとえば16歳で射精できるようになって子どもがつくれるようになり、24歳で腎気が強くなり、32歳で腎気が充実します。 そして腎気は40歳で弱り始め、56歳で衰え、64歳になると腎がつかさどる歯も髪も抜け落ちる、とあります。 40歳を過ぎると男性の性機能は年齢とともに衰えていくのは、ある程度は自然なことです。 このように腎と関係が深い性機能ではありますが、EDの原因は、この腎の不調だけではありません。 精神情緒と関係が深い肝(かん)、意識と関係が深い心(しん)、エネルギーと関係が深い脾(ひ)の不調によってEDとなる場合も、多くみられます。 漢方では、これら 腎・肝・心・脾の機能を調えることにより、ED の治療をします。 EDの多くを占める心因性EDだけでなく、糖尿病などによって生じる血管や神経の障害が原因となって起こる器質性EDに対しても、漢方薬で対応できることは可能です。 漢方薬は、EDの根本原因を改善し、治療していく薬です。 一時的な効果や即効性を求める精力剤とは異なります。 安定した心身の状態を取り戻すことによりEDをじっくりと改善していきたいなら、食生活の改善や禁煙、生活のリズムの見直しなどとともに、漢方薬を服用するといいでしょう。 続きは「日経Gooday会員(無料)」、 「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。 夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。 さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

次の

勃起不全(ED・インポテンツ)で悩まれている方への治療と漢方【漢方医が解説】

漢方 ed治療薬 効果

漢方精力剤とED|EDとは【浜松町第一クリニック】• マムシは全長50cm程度の夜行性の毒ヘビです。 中国では昔から滋養強壮や精力増強を目的した漢方として広く利用されてきました。 マムシに含まれる成分としては、必須アミノ酸やカルシウム、各種ビタミンといったものがあげられます。 また、血流改善・血液低下に良いとされるペプチドや、コレステロール値を下げるリノール酸なども含有していることが認められます。 マムシの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用 人を対象とした研究で、マムシの摂取によってEDが改善したとする信頼できるものはありません。 また、性欲に関しても、直接性欲をあげる成分は含まれていませんが、アミノ酸やビタミンなどが含まれているため、疲労によって低下している性欲を回復する効果は期待出来るかもしれません。 スッポンは主に南アメリカ以外の熱帯地域に生息する、比較的甲羅が柔らかいというのが特徴の水生のカメの一種です。 中国においては3000年以上も前から甲羅や頭、肉、血液などが薬として利用されてきました。 また、現在ではスッポンエキスといった抽出物が顆粒、錠剤、栄養ドリンクなどとして利用されています。 スッポンには良質なタンパク質が含まれています。 男性の精子がタンパク質によって作られるということもあり、精力増強の効果があると言われています。 また、コレステロールを下げるリノール酸や、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどが含まれていることも分かっています。 スッポンの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用 スッポンは昔から「精がつく食べもの」として扱われてきました。 ただしこれには 科学的な根拠はなく、伝統医学的な位置づけであると言えます。 他の精力剤と同様、良質なタンパク質やアミノ酸の摂取によって、疲労の回復効果は期待できそうですが、直接的な性欲増強効果はないでしょう。 ムイラプアマはボロボロノキ科の樹木で、主に南米アマゾンからブラジル北部に野生しています。 根の部分には、ヨヒンビンと同じような働きをする特有のアルカロイドが含まれているとされていますが、その研究は十分ではありません。 日本では、植物の根の部分は、医薬品成分に分類され、それ以外の部分は、食品に分類されています。 日本国内では、サプリメントや漢方などで、主に樹皮が利用されています。 ムイラプアマの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用 ムイラブアマを使った研究にはさまざまなものがあります。 その中には勃起不全に対しての効果を調べたものがありますが、どれも古い研究で、その効果については再度検討される必要があります。 イギリスやアメリカなどでは、ED治療効果のあるハーブとして認められてきましたが、バイアグラをはじめとするED治療薬の、その驚くべき効果と安全性から、今ではすっかり影を潜めてしまいました。 中国漢方の考え方のひとつに、「弱い部分を治すためには動物の同じ部分を食べる」というものがあります。 つまり、精力が衰えている場合には動物のペニス(睾丸)を食せば改善が期待できる、ということです。 また、オットセイの場合、オスは数十頭のメスを従えて行動することから、その精力にあやかろうというのが、オットセイの睾丸を漢方に利用する理由となっています。 オットセイの睾丸は、ホルモン物質を含むため、睾丸と陰茎部分は医薬品成分に分類されています。 骨格筋からの抽出物は、ホルモン物質を含まず、タンパク源として食品原料となっています。 オットセイの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用 前述した通り、睾丸にはホルモン物質が含まれますので、医薬品成分となっています。 また骨格筋の抽出物は、タンパク源となります。 「体調を整えることで下半身に元気が戻る」といったものなので、栄養分やホルモン物質を含んだ動物の睾丸を摂取することが、最終的に精力増進につながると考えられています。 コブラはコブラ科のヘビで、南極以外の全大陸に生息していると言われています。 また、ウミヘビ類などもコブラの亜種です。 中国漢方では毒性が強ければ強いほど、強壮効果も高まると考えられています。 コブラは強い神経毒を持つことから、その効果が期待されているというわけです。 そのため、中国ではもちろんのこと、東南アジアでは栄養価が高く精力増強効果もある健康食品として捉えられています。 成分としては、コブラ特有のスペルミンという成分が含まれているようです。 それ以外にも、多くのタンパク質や必須アミノ酸、亜鉛をはじめとする微量ミネラルなどの含有が認められます。 コブラの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用 マムシ同様、コブラにも精力増進の即効性は認められていません。 また、科学的な根拠にも乏しいと言えます。 そのため、摂取することにより体調を整え、体全体に活気を取り戻すといった効果に期待がされるようです。

次の

【本当に効くのか?】経験者が語る本当に効果を感じた勃起薬

漢方 ed治療薬 効果

男性特有の漢方相談で多いEDの原因と治療方法 当薬局(東京・帝国ホテル内 薬石花房 幸福薬局)では 勃起不全(ED)に関する漢方治療のご相談をお受けしています。 勃起不全(ED)の漢方治療の症例は 勃起不全(ED)は、漢方相談によくある男性特有の病気や悩みのひとつで、幅広い年齢層の男性に見られます。 EDの原因として、 加齢のほかには、精神的なストレスや不安、うつ、焦りなどによる 心因性EDがよくみられます。 また、食事の不摂生、アルコール類の飲み過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣の要因や、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの病気の影響もあります。 生殖機能は、五臓の 腎に含まれます。 腎の機能は、生きるために必要なエネルギーや栄養の基本物質である精を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、並びに水液や骨をつかさどることです。 漢方の古典『黄帝内経(こうていだいけい)』によると、男性の生殖機能は8年周期で変化します。 例えば16歳で射精できるようになって子どもが作れるようになり、24歳で腎気が強くなり、32歳で充実する、とあります。 そして腎の機能は40歳で弱り始め、56歳で衰え、64歳になると腎がつかさどる歯も髪も抜け落ちる、とあります。 40歳前後以降の性機能は、年齢とともに衰えていくものなのです。 このように性機能は 腎と深い関係にありますが、EDの原因は腎の不調だけではありません。 精神情緒と関係が深い 肝(かん)、意識と関係が深い 心(しん)、エネルギーと関係が深い 脾(ひ)の不調によってEDとなる場合も多くみられます。 西洋医学ではシルデナフィルクエン酸塩(商品名バイアグラ他)など即効性のあるED治療薬があります。 ただし、 バイアグラなどで副作用の出る人、あるいは以前のような健康的で 自然な性機能を回復させたい人などは、漢方薬を服用して健全な心身の状態を取り戻すことにより、EDを治療します。 心因性EDだけでなく、糖尿病などによって生じる血管や神経の障害が原因となって起こる器質性EDに対しても、漢方薬が有効な場合は少なくありません。 ED(勃起不全)のタイプと治療方法 漢方では各タイプを「証(しょう)」という概念でとらえます。 1 ストレス・緊張が原因の「肝火(かんか)」証 五臓の1つ、肝(かん)の機能(肝気)が、強いストレスや緊張、激しい感情の起伏などの影響で失調すると、肝気の流れが鬱滞して熱を帯び、この証になります。 肝は、自律神経系や情緒の安定、気血の流れと深い関係があります。 いらいら、怒りっぽい、不眠、のぼせ、ほてり、顔面紅潮などがみられます。 肝気の流れの悪化が神経系に影響するとEDが生じます。 漢方薬で肝気の鬱結を和らげて肝気の流れをスムーズにし、肝火を鎮め、EDを治していきます。 2 思い悩む人に多い「心血虚(しんけっきょ)」証 人間の意識や思惟など、高次の精神活動をつかさどる五臓の心(しん)の機能を養う心血が不足している体質です。 過度の心労や、思い悩み過ぎ、過労が続くことで心に負担が掛かり、心血が消耗したタイプです。 精神が不安定になり、抑うつ状態となってEDになります。 漢方薬で心血を潤し、抑うつ状態を改善し、EDを治療していきます。 3 体力が低下して体が冷えた「腎陽虚(じんようきょ)」証 腎の陽気が不足している体質です。 陽気とは気のことで、人体の構成成分を陰陽に分けて考える場合、陰液と対比させて陽気と呼びます。 生活の不摂生、過労、慢性疾患による体力低下、加齢などにより人体の機能が衰えて冷えが生じるとこの証になります。 腎陽が虚弱になると、性機能や内分泌機能が衰え、性欲が減退し、EDになります。 腎陽を補う漢方薬でEDに対処します。 4 不摂生で老化を早めている人に多い「腎陰虚(じんいんきょ)」証 腎の陽気ではなく、腎の陰液が不足している体質が腎陰虚です。 陰液とは、人体の構成成分のうち、血・津液・精を指します。 過労、不規則な生活、大病や慢性的な体調不良、性生活の不摂生、加齢などで精が減りEDになります。 陰液の不足により相対的に陽気が亢進するため、性欲はあるが持続しないようなタイプのEDです。 腎の精気など腎陰を補う漢方薬でEDを治します。 5 消化吸収が悪くエネルギー不足になっている「脾気虚(ひききょ)」証 消化吸収や代謝をつかさどる五臓の脾の機能(脾気)が弱く、生命エネルギーを意味する「気」が不足している体質です。 過労、生活の不摂生、慢性疾患などにより気を消耗すると、この証になります。 気の不足により、やる気が起こらず、EDになります。 漢方薬で脾気を強めてEDの治療を進めます。 6 血流が悪くなっている「血瘀(けつお)」証 血流が鬱滞しやすい体質です。 精神的ストレスや、冷え、体内の過剰な水分、生理機能の低下などにより、この証になります。 疾患が慢性化して血流が悪くなり、この証になる場合もあります。 血管に動脈硬化があると陰茎の動脈が広がらないために十分な血流が流れ込まず、満足な勃起が得られません。 糖尿病や高血圧、脂質異常症の場合も同様の現象が生じ、EDになります。 血行を促進する漢方薬でEDを治療します。 ED(勃起不全)治療に効果的な漢方薬 大柴胡湯、抑肝散、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、六味地黄丸、八味地黄丸、桂枝茯苓丸、補中益気湯など あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。 自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。 どうぞお気軽にご連絡をください。 関連ページ・症例・エッセイなど |• 改善症例• 自分に合った漢方薬に出会うには 自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。 それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。 漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。 そのために必要なのが、カウンセリングです。 漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。 当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。 まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。 自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。 しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

次の