ガガガ クラーク。 ガガガクラークカード情報・考察

【遊戯王】 ガガガクラーク スーパー

ガガガ クラーク

永続魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「オノマト選択」以外の「オノマト」カード1枚を手札に加える事ができる。 2 :自分フィールドの「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」モンスターの内、 いずれか1体を対象として発動できる。 自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで 対象のモンスターと同じレベルになる。 ついに オノマトがカテゴリ化し、オノマト選択がサーチできるようになりました。 サーチのサーチは強い! 永続魔法なので割られてしまうとサーチが行えないのが少しネックでしょうか。 レベル4がほぼ存在しないズババも絡められるのは良き。 サーチできるオノマトカード 希望皇きぼうおうオノマトピア サーチできる唯一の効果モンスター。 ルール上「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱うため、オノマト連携でもサーチができます。 オノマトカードを手札からできるため、すぐにランク4に繋げられます。 オノマト選択との相性は抜群で、このカードが出れば、レベルを揃える効果を使い場のモンスターのレベルを揃えられます。 希望郷きぼうきょう-オノマトピア フィールド魔法。 希望皇を軸にするのであれば、これもサーチできるのは嬉しいですね。 は重ねて出すことができるモンスターが多く、カウンターもたまりやすいです。 カウンターを2つ取り除くことでオノマトモンスターをデッキからできます。 できるオノマトモンスターも増えたので、使いやすさも増しました。 オノマト連携ペア オノマトデッキの要。 手札コストを切って、ズババ、ガガガ、ドドド、ゴゴゴモンスターから2枚サーチできます。 希望皇オノマトピアが全てのカテゴリとして扱うため、好きなカテゴリ1枚とオノマトピアをサーチなんてこともできます。 パック-レジェンド編6に収録される新規はほとんどカテゴリを掛け持ちしているので、自由な組み合わせでサーチできることが多いと思います。 オノマト連携でサーチできるカード 次に、オノマト連携でサーチできる「ガガガ」「ドドド」「ズババ」「ゴゴゴ」に属する有能なカードをまとめていきます。 ガガガ かっこいいスリーブもあるよ ガガガマジシャン ガガガといえばこいつ。 レベルを1〜8まで変動でき、 オノマト選択の効果でレベルを揃えれば、幅広いランクのエクシーズモンスターを出すことができます。 ガガガガール 素材になったとき、相手フィールドのされたモンスターの攻撃力を0にする効果を持っています。 ダブルからダブルアップチャンスで攻撃力10000となったで攻撃力0になったモンスター殴ればワンキルができてしまいます! ガガガガードナー たまに頼りになる壁モンスター。 手札コストはいりますが、戦闘破壊耐性を付与できるため1枚挿しておいても良いかも。 ガガガキッド、ガガガクラーク どちらもガガガモンスターがいればできるガガガモンスター。 今まではレベルをレベルが合わないせいで、使いづらかったですが、オノマト選択のおかげで使いやすくなりました。 キッドは自身の効果でレベルを合わせられますが、デメリットがきついです。 どちらも自身以外のガガガが場に必要なので、ばらけさせて採用するのが良いでしょう。 クラークは戦士族であり、増援の選択肢となり得ます。 また効果にターン1がないため、被っても困らないところや、イデに繋げやすい点などがかなり評価されていますね。 ガガガヘッド レベル6ですが、レベルを下げつつリリース軽減で召喚できます。 召喚時ガガガモンスターを2体蘇生できるため、そのままエクシーズへと繋げれられます。 ガガガモンスターでしかエクシーズ召喚できない制約がつくので、ガガガメインで組むなら採用はありかも。 素材になった際のドロー効果も便利。 ガガガシスター 長らくガガガデッキを支えたカード。 召喚時ガガガ魔法罠をサーチでき、他のガガガのレベルと合計したレベルに合わせることができる。 サーチできるガガガ魔法には蘇生魔法もあるため、そこから繋げやすいです。 サーチできるカードはかなり多く、蘇生札や展開札、ドローソースなど多岐に渡ります。 1 :このカードが手札に存在し、 自分フィールドに「ズバババンチョー-GC」以外の、 「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合 に発動できる。 このカードをする。 2 :自分の墓地の、 「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 この効果の発動後、 ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキからできない。 今回の新規、ガガガネームをもつズババです。 「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合に手札からできる効果は使いやすく、蘇生効果をもつため、単体でもエクシーズまで持って行きやすいです。 XモンスターしかEXデッキからできない制約があるため、グラコンなどを出してXモンスターを墓地に送る場合は、このカードを使う前に展開しておく必要があります。 ゴゴゴ ゴゴゴゴーレム ゴゴゴといえばこいつ、申し訳程度の耐性がついています。 採用するのであればゴーストと合わせて採用する感じでしょうか。 ゴゴゴゴースト 時墓地からゴゴゴゴーレムを蘇生できます。 オノマトピア(モンスター、フィールド魔法どちらも)の効果でしやすくなったので、効果を使うことができる場面多そうです。 ゴゴゴト 召喚時ゴゴゴを蘇生できます。 制約がつかないので、リンク召喚に繋げるのであれば良さげかもしれません。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 手札から「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスター1体をする。 2 :このカードが墓地に存在し、 自分フィールドに「ドドド-GG」以外の、 「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードをする。 この効果でしたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 今回の新規。 ゴゴゴネームをもつドドド。 起動効果で手札から「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスター1体をできます。 また、墓地から自己蘇生できる効果はかなり強く、除外されるデメリットもエクシーズ素材にしてしまえば帳消しにできます。 ドドドバスター 上級モンスターですが、レベル4としてできる効果とした場合はドドドを蘇生する効果を持ちます。 が出てお役御免になった感じもありますが、ができるので一枚は挿してもいいかも? さいごに オノマトモンスターは種類も多く、色々なサポートカードもあって面白いですね。 今回の新規はカテゴリを掛け持ちしているカードが多いので、そのサポートもそれぞれ使いやすくなりました。 まとめてみると、やはりガガガが一つ頭抜けて強い感じですね。 しかし、デッキとしてまとめる際はどのようにするか悩みますね……。 オノマトデッキ、遊馬デッキとしてまとめるのはどうすべきなんでしょうか……。 新規である ガガガガマジシャンを生かして、 未来皇を軸にしてゼアルの本編後の遊馬を意識したデッキを組むか、 エクシーズ・チェンジ・タクティクスを採用して 希望皇軸にするか、はたまた ガガガメインにして、 様々なランクのエクシーズを駆使できるデッキにするか。 強さや面白さ、独自性でいえば ガガガデッキが一番魅力がありそうですね。 「 FNo. 0 未来龍皇」なる新規も出てきたので、未来皇軸も良いなぁ…。 ダブルからのワンキルもモンスター4枚で成立するのでニビルを気にせずできたりもしますし……うーん…全部試したい! レベル4を並べて、ランク4を作る単なるランク4デッキであれば、他のデッキでも(月光、Emグッドスタッフ等)良さげなので、組むなら遊馬っぽいデッキに仕上げたいですね。

次の

ガガガクラーク(遊戯王OCG)

ガガガ クラーク

ガガガデッキ 遊戯王OCGに収録されている【レジェンドデュエリスト編6】のガガガデッキ・内容を2019年11月19日《2019年10月新制限》に更新しました。 【ガガガ】デッキは遊戯王ゼアルで登場しカテゴリー化されました。 今回はガガガ デッキの回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。 【ガガガデッキ】大会優勝デッキレシピ 「ガガガ採用及び ガガガデッキの大会優勝デッキ欄です。 大会で優勝した際にはここで紹介していきます。 また最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 遊戯王コンセプトデュエル結果速報 優勝は【わさん】使用デッキ【ガガガ】 優勝コメント【面白かったです】 デッキはほぼすべて遊馬が使ったカードでした わさん優勝おめでとうございます — レアル・トマト別府店 tomato5963beppu 【千種】遊戯王 本日の大会 優勝は ガガガ さんでした。 優勝おめでとうございます。 3 《ガガガマジシャン》• 3 《希望皇オノマトピア》• 3 《増殖するG》• 2 《ガガガガール》• 3 《ガガガシスター》• 3 《ガガガキッド》• 1 《ガガガクラーク》• 1 《ガガガボルト》• 3 《オノマト連携》• 3 《オノマト選択》• 2 《ガガガドロー》• 1 《ガガガ学園の緊急連絡網》• 1 《強欲で貪欲な壺》• 1 《死者蘇生》• 3《ライトニング・ストーム》• 2 《ガガガウィンド》• 3 《ガガガリベンジ》• 1 《ダブル・アップ・チャンス》• 1 《ガガガバック》• 1 《エクシーズ・リボーン》 【ガガガデッキ】とは 【ガガガデッキ】とは ガガガデッキ 「 ガガガデッキはエクシーズ主体のデッキ」 概要 『ランクを使い分けるなどのカードを駆使して戦うデッキ』です。 ちっちゃいけど大きいです 殴 というのもこのカードは「「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して選択したモンスターとこのカードは、エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。 という効果があるので即座にエクシーズ召喚が出来るんですよね。 また、このカード以外の自分フィールド上の 「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターとこのカードは、エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。 「ガガガシスター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 「まぁ実際はこのシスターがえげつないほど有用なのよね。 これにガガガマジシャンを採用するだけで簡単に作れてしまうからね」 「特に召喚に成功した場合にガガガ魔法罠を使って展開が出来る他に地味に特殊召喚できるガガガシリーズとの相性もあって「エクシーズ召喚が出来ない問題がそこまでない」のがポイントですの」 「後は地味に有用な魔法罠の存在も大きくて後続確保がしやすいってのが背景にはありますね。 0 未来皇ホープ》に《FNo. 0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》を重ねて攻撃力4000の2回攻撃が可能となるというコンボまで起きており『非常に強力なカード効果である』のも否めません。 1 :このカードのX素材を1つ取り除き、「ガガガガマジシャン」以外の自分の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。 2 :このカードを素材として持っている「未来皇ホープ」Xモンスターは以下の効果を得る。 このカードのX素材を2つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は4000になり、効果は無効化される。 これに尽きます。 採用カードはほぼガガガで補完されており、 《》を主体にエクシーズを行い戦っていく訳ですね。 1 :「ガガガマジシャン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 2 :1ターンに1度、1~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。 このカードのレベルはターン終了時まで宣言したレベルになる。 「 後は新規カードの存在からガガガマジシャンとかの流れを作れる他に『ガガガの初動を動きやすくしている』のが見逃せないのよね。 ガガガデッキの機軸になる 《ズバババンチョー-GC》 は『手札に存在してれば出せる』というポイントは今までガガガウインドとかに頼ってたりしてた分魔封じの芳香とかの魔法メタも今後はすり抜けるようになってるのがポイントなのよ。 新規のガガガ関連の新規は非常に多く、《ズバババンチョー-GC》 を採用しての展開が出来たり出来ます。 ガガガデッキはとりあえずモンスターを2体展開! 取り合えず前提としては「モンスターを2体展開する事」。 ガガガシスターを使用してのガガガウインド回収• を使用しての『モンスター展開』• ガガガリベンジでガガガを特殊召喚 などなど豊富にありますしランク4を狙うデッキであればガガガ以外のカードでサポートする事も可能なので色々と狙ってみると面白いかと思います。 1 :このカードが手札に存在し、自分フィールドに「ズバババンチョー-GC」以外の、「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 2 :自分の墓地の、「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 「ガガガデッキにおいて重要な機軸を何処に添えるかが大事ですわね。 デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。 「オノマト連携」は1ターンに1枚しか発動できない。 「ズババ」と名のついたモンスター• 「ガガガ」と名のついたモンスター• 「ゴゴゴ」と名のついたモンスター• 「ドドド」と名のついたモンスター 「 ガガガデッキはシナジーがあるホープを主体にすればエクシーズ・チェンジ・タクティクスでドロー加速は行えるので手札枯渇も起きにくい利点もあるので『どのエクシーズを出すのかを前提に召喚するカードを決める』のが良いですよ。 今はこういったカードを採用せずに新規カードを採用しきった上で「それでも展開が足りないなぁと感じたら採用」してもいいかも。 ガガガ新規はマシュマックワンキルとは違った動きもあるので『かなり個性が強い』分デッキレシピからも見て分かる様に構築が全然違うのです。 通常魔法• 手札から「ガガガ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは4になる。 「実際はの性能が結構ガガガシスターとの兼ね合いで採用される事が多いんですよね。 蘇生カードに関しては今回の新規カードで補えてる一方で『初動展開がまだまだ新規以外を引いた場合は辛い』のが事実でした。 ただ今は オノマト選択でのオノマト連携回収のコンボで簡単にエクシーズは行えるのでガガガガールなど特定の手段を用いたワンキルを狙う場合は『別途買っておきたいカード』とも言えます。 ガガガデッキはこうしてみても分かる様に様々なランクを狙う可愛いのを採用したいシスター型。。。 ランク4に特化したガガガ新規型・・・色々と試したいって感じですね。 このカードは選択したモンスターと同じレベルになる。 また、このカードを含む「ガガガ」と名のついたモンスターのみを 素材としたエクシーズモンスターは以下の効果を得る。 選択したモンスターの攻撃力を0にする。 「うわぁ!マシュマックが!!」 「と、ガガガデッキは色々とコンボがあるのですが非常に優秀なコンボとして挙げないといけないものと言えば上記のコンボでしょう。 当時はかなりこれで優勝したという人もいるくらいで、《ガガガガール》を使用してエクシーズ召喚すると《 ガガガガール》の効果で攻撃力を0にした上でバーンも与えるのでモンスターの元々の攻撃力が2800以上なら1ターンキルとなるというえげつないコンセプトがあったんですよね。 >> 《ガガガマジシャン》の他、《ガガガシスター》の効果を使えばレベル5となりエクシーズ召喚可能と今でもこのコンセプトは使用できますし『リンクモンスター』を使用しなくても良いというメリットも。 《ガガガシスター》の場合は《ガガガリベンジ》をサーチできる効果もありこちらも新規の採用でかなり動きやすくなっているのが特徴になっています。 ガガガデッキの新規と言えばこのコンボ! 他には、ガガガデッキで注目されているのが『』の連続攻撃。 これはガガガがマジシャンの効果で自身の効果を付与できるというメリットがあり、 「自身を素材に持つ未来皇ホープに効果を付与する」ことで自身を素材に 《FNo. 0 未来皇ホープ》・《FNo. 0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ》を重ねて攻撃力4000の2回攻撃が可能となります。 「中々の無理やりロマン技って感じね」 「『ガガガデッキ』において汎用性としてはあまりよくなくて、アンケート結果においても他のコンボで十分って言われるレベルなのもあってかなり有用な手段として考えられることもあります。 一応どんな感じで見られているかという部分も踏まえて追記しておきますが、ホープの動きも含めてエクシーズ主体になってしまうので『攻撃回数が限られてしまう』のが難点でした。 その点を克服したって上では強力なんですけどね」 ホープの動き、どっちが強い? — ブロガーまい。 特にリンク召喚環境ではこのどかすという行為がもう必要ないってだけで大分動きやすくなった節はあります。 他には枠次第ですが《》もその採用圏内に入っていまして・・・ガガガの新規が増えた事でこれも出しやすくなっているんですよね。 特にこれは『本の付属カード』なので高額にはならないものの採用枠の1枚としては考えてもいいかもしれません。 2 :このカードが召喚に成功した時、 「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。 3 :フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。 自分はデッキから1枚ドローする。 【ガガガデッキ】の回し方ではリンク派生のガガガリンクなども存在します 「後地味にランク4を出しやすいのでクロノダイバーのような汎用エクシーズにつなげるというのも手でしょう。 エクシーズ主体故に動きやすいのが特徴ですがガガガデッキの動き的にはそこまで難しいものはありませんし攻め方もエクシーズによって変化するものが多いです。 また、亜種としては『ガガガリンクデッキ』というものも存在します。 ガガガシスターからガガガマジシャンへとつなぎ「ランク7」で《》をエクシーズ召喚。 その後リンク召喚を続けるというもの。 これも先ほどのマシュマックワンキルと同じようにリンク召喚を行い「トロイメア関連のカードにつなげる」という使い方になっています。 1 :「ガガガマジシャン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 2 :1ターンに1度、1~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。 このカードのレベルはターン終了時まで宣言したレベルになる。 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 手札から「希望皇オノマトピア」以外の以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 このカードは選択したモンスターと同じレベルになる。 また、このカードを含む「ガガガ」と名のついたモンスターのみを 素材としたエクシーズモンスターは以下の効果を得る。 選択したモンスターの攻撃力を0にする。 また、1ターンに1度、自分の墓地のモンスター1体を ゲームから除外して発動できる。 自分フィールド上の全ての「ガガガ」と名のついたモンスターのレベルは、 この効果を発動するためにゲームから除外したモンスターと同じレベルになる。 このカードはシンクロ素材にできない。 この方法で特殊召喚に成功した時、 自分フィールド上の「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択し、 このカードのレベルを選択したモンスターと同じレベルにする事ができる。 この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。 また、このカード以外の自分フィールド上の 「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターとこのカードは、エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。 「ガガガシスター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ガガガ」モンスターしか特殊召喚できない。 2 :X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、 自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。 また、このカードが攻撃対象に選択された時、手札を1枚捨てる事で、 このカードはその戦闘では破壊されない。 2 :このカードが召喚に成功した時、 「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。 3 :フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。 自分はデッキから1枚ドローする。 このカードの表示形式によって以下の効果を適用する。 このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 2 :このカード以外の自分フィールドのモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。 このカードを表側守備表示にし、攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。 この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは4になる。 デッキから「ガガガ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 このカードを発動するターン、自分はエクシーズ召喚以外の特殊召喚ができない。 「ガガガ学園の緊急連絡網」は1ターンに1枚しか発動できない。 デッキからカードを2枚ドローする。 「ガガガタッグ」は1ターンに1枚しか発動できない。 このターン戦闘で破壊されたモンスターを可能な限り 自分の墓地から表側守備表示で特殊召喚する。 その後、この効果で特殊召喚したモンスター1体につき、 自分は600ポイントのダメージを受ける。 「ガガガバック」は1ターンに1枚しか発動できない。 フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。 選択したモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。 また、装備モンスターがエクシーズ素材になる事によってこのカードが墓地へ送られた時、自分フィールド上の全てのエクシーズモンスターの攻撃力を300ポイントアップする。 デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。 「オノマト連携」は1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、手札から「ガガガ」、「ドドド」、「ゴゴゴ」モンスターを合計2体まで守備表示で特殊召喚できる。 【ガガガデッキ】まとめ• ガガガデッキのエクシーズは多種多様!• 様々なランクを駆使して戦う事も&複数名称が強い!• 展開するカードも豊富で初心者向けのエクシーズテーマです 「とまぁガガガデッキは様々な動きが可能になっているテーマであり、実際は強力なテーマには違いありません。 ただ現状だと「ランクを弄って遊べる」という部分を前提にして楽しむ方が面白かったりします。 新規カード効果は多く、《ガガガガマジシャン》 を筆頭に 《ズバババンチョー-GC》 や《ドドドドワーフ-GG》 なども含めてガガガやゴゴゴなど全てにおいて有用なものも多いのも事実。 ただ現状ではガガガリンクのように尖った構成でないと『コンセプト的に妨害布陣が立てにくい』のもあって結構辛いところ。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

次の

ガガガクラーク【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

ガガガ クラーク

ガガガクラークとは、「」に登場するである。 概要 が使用する、「」と名のついたの1体。 「魔封印の」によってドローされ、に「」がいることによって手札から特殊召喚され、「」の効果によって4となり、「」の・となった。 その後、「ドロー」のとしてから除外された。 その後、第4期(1期)のOP(折れない)のに登場していたが、そのOPの期間に再登場することはなかった。 ただ、を調整するでが手に取っている場面があった。 このとき、もう片方の手には「」が握られていた。 初登場から(の時間で)1年ほどたったころ、から引き継いだとのでに登場。 初登場時とほぼ同じ手順で特殊召喚・4となり、「」とともに「」の・となった。 ちなみに、召喚はほぼ初登場時の使いまわしだが、召喚された後のではが異なっている。 戦でも再登場。 初登場時とほぼ同じ手順で4となり、「」の・となった。 やはり召喚は使い回しだが、となる直前の部分は新たに描かれており、ここでは腕を組んだちょっと強気の。 「」、「」とは対照的に、「」とこのはを基調としたで、いわゆるをにした「」とは異なり、どちらかというとまじめな。 もっとも、の基準で言ってしまうと4人(4体)まとめて校則違反(ごとの校則があるので一概には言えないが)だろうが、あまり言いだすとを始めほとんどのが染・ワックス上等の扱いになってしまう。 に共通の「」の字のは、の襟についている。 登場した3回のではいずれもほとんど同じ手順で(せいぜい「」の効果で除外したが違うくらい)展開され、4のへつながれている。 前述の第4期OPのほか、第6期ED()でもがする場面で登場している。 「」の上、「」の右隣、「」の後ろ。 しのED、「」はいない。 「」(erk)は、で「」の意。 すると、に持っている表の本は議事録か何かだろうか。 「ドロー」、「」のに描かれている。 OCG版 「 R」(発売)でに登場。 自体は展開が難しくないため、このの特殊召喚も容易。 2の族なので「ース・」などにも対応する。 しかし、同じような効果を持つ「」の場合、1枚で合わせまで行ってくれる(フェ不可のはあるが)ため、よりを行いやすい。 族なので前述の「ース・」や、「の生還」、「増援」などに対応する、「」で特殊召喚可である点などが「」にはない利点。 「」や「」とは相性がいいが、この場合においても「」でほぼ同じような使い方ができてしまうので、このを使うならば族を生かしたを入れるなど、化を図りたい。 が族でなければならない「」などを使う場合は、こちらが優先される。 その他の作品において D・・でもが使用している。 と同じように、「」がいることによって特殊召喚され、4になって「ズババ」のとなった。 関連動画 関連商品 お絵カキコ 関連項目•

次の