相棒 ブラック パール の 女。 相棒17 第6話「ブラックパールの女」感想 彼女は再登場して何かやらかす予感

【相棒17】第6話ネタバレ 連続殺人犯の女詐欺師の狙い

相棒 ブラック パール の 女

あらすじ 公式 未決囚の女が世界的研究者の不審死に関与!? 顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。 小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した疑いを掛けられている人物。 亘(反町隆史)と共に面会に出向いた右京は、小夜子から気になる話を聞く。 海外に行く飛行機の中で知り合った谷岡という科学者に、若い女性向けの黒真珠のネックレスを紹介したという小夜子。 谷岡は、数日前、風呂場で溺死したことが報じられた世界的なバイオ技術の研究者。 小夜子がなぜ、わざわざ刑事を呼んでそんな話をしたのか、興味を抱いた右京は、事故死として処理されている谷岡の一件も調べ始める。 特命係を捜査に駆り出した 狡猾でしたたかな女詐欺師の目的とは…!? 危うさをはらんだ拘禁中の連続殺人犯が特命係を翻弄する! ネタバレあり• 右京は、弁護士の連城から依頼を受ける。 連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子から「有能な刑事と話がしたい」という要求があったという。 右京、冠城は遠峰に話を聞きに行き、そこで谷岡(数日前、風呂場で溺死したことが報じられた世界的なバイオ技術の研究者)の名前が出てきて谷岡の件に興味を持つ。 遠峰は以前シンガポールに行く飛行機の中で谷岡と隣になり、ブラックパールのネックレスを薦めたから買ったはずだという。 麻子(谷岡の妻)に話を聞くもネックレスについては知らず。 しかし、谷岡がシンガポールに着いた翌日にネックレスが売れたことが確認される。 データの横流しを調べるという名目で谷岡のパソコンを調べてドライアイスの購入履歴を見つけて麻子を問い詰めて白状させる。 ネックレスは好待遇の企業に転職するため、採用担当者への贈り物として買ったものだったが、麻子は浮気していると勘違いしてドライアイスを風呂場の天井に仕掛け、殺したのだった。 右京、遠峰は「記憶力が良く飛行機の中やネックレスを買うところを見掛けたのを覚えていただけではないか」「自分も今回と同じ手口を用いて殺したことがあるからすぐにわかったのではないか」と推理。 感想/気になる点など• 夕方に常温で放置したドライアイスが夜まで残るものか? 追記• 連城が見せた過去の新聞記事には「2017年6月~11月に3人の男性を殺害」とあるが、遠峰は面会で「最初の事件の後、マレーシアで豪遊」は事実ではないと言った後、「それに、記事に書かれている去年(2017年)の11月、私が旅行したのはマレーシアではなくシンガポール」と言うが、「最初の事件(6月)の後」という内容はどこ行ったの?• 連城が見せた過去の新聞記事には「足立さんの遺体は昨年11月15日朝、あきるの市の駐車場のレンタカー内で見つかった。 車内に置かれた七輪内には練炭が燃えた跡があり、死因は一酸化炭素中毒だった。 」「女は当初、警視庁の調べに対し、遺体発見前日の行動について、当時住んでいた東京都中野区のマンションで足立さんとシチューを」とあるが、「登場記録によると去年の11月14日、遠峰と谷岡は確かにシンガポール行きの飛行機に乗っていた」のが確かだとすると、「遺体発見(11月15日)の前日にシチューがどうこう」というのは無理なのでは?• 「Aさんを飛び込み自殺に見せかけて殺害」を「名誉毀損」と言い、「Aさん」のことを遠峰は「足立さん」と言うが、足立は自殺か他殺かはともかく、練炭による一酸化炭素中毒死。 遠峰が足立と話をしている回想シーンでは遠峰は髪が長いが、遠峰が詐欺被害者と知り合う前に見掛けるシーンの回想では髪が短い。 詐欺をする時はウイッグという設定なの?.

次の

相棒17 第6話 「ブラックパールの女」あらすじ(ネタバレあり)、感想、キャストなど

相棒 ブラック パール の 女

相棒16第10話「サクラ」 2018年元旦SP 相棒16 第10話について 容疑者に浮上した3人の高校生!! QTES689は誰なのか!? 作品データ エピソード S16 10 サブタイトル サクラ ~列島震撼!! 警察の銃で市民襲撃! 犯行は3人の高校生!? 特命潰しの罠…消えた被害者と暗号の謎!! キャッチ 聖夜に発生した発砲事件とサイバーテロ!! 事件に関わる高校生3人同時失踪の背後に権力者の影!? 停職危機の特命係が最高難度の事件に挑む! 概要 イベント会場で発砲事件が発生。 奇妙なことに、加害者のみならず被害者も行方をくらましてしまう。 youtube. しかし、奇妙なことに加害者のみならず被害者も行方をくらましてしまう。 その直後、交番で 制服警察官が自殺し、銃が持ち去られているのが発見された。 広報課長の 社美彌子(仲間由紀恵)は、混乱を避けるため発表を控えようとするが、『 QTES689』というハンドルネームを持つ何者かが、緊急災害速報メールの発信元をハッキングしてサクラ盗難の証拠映像を拡散してしまう。 独自の捜査を始めた 特命係の 杉下右京(水谷豊)は、自殺した警察官が元所轄刑事で、3か月前に事故と処理された内閣人事局長の死を、一人で捜査していたという情報を掴む。 どうやら、局長の死と今回の発砲事件に何らかの繋がりがありそうだが…!? いっぽう、発砲事件で撃たれた後、姿をくらました被害者を捜索中の 冠城亘(反町隆史)は、不意に当人から接触を受ける。 安田英治(梶原善)と名乗った男は、ある話を亘に持ち掛けてきた。 そんな中、特命係は思わぬ情報源から、 半年前に謎の失踪を遂げた 上条喬樹(健太郎)をはじめとする 3人の男子高校生が、一連の事件と関係している可能性に気づく。 ところが、捜査本部は全く違う思惑に支配されていた。 内閣情報調査室の審議官・ 有馬(鶴見辰吾)が、 副総監の 衣笠藤治(大杉漣)を通じて、不穏な強硬手段を指示したのだ。 いっぽう、死亡した局長と懇意にしていた 官房副長官の 折口洋介(篠井英介)の周辺でも、一連の事件に繋がると見られる不吉な思惑がうごめいていた。 大まかな見どころ ・停職の危険を冒しながらも捜査を続ける特命係の2人 ・銃撃犯とサイバーテロの実行犯は同一人物なのか? ・権力者、警察、失踪した高校生、そして特命係……それぞれの思惑が交錯し、事態は国家を揺るがす驚愕の結末へと向かう!! ラストシーンは? ・石原良純さんはどこで登場? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演者) 登場人物 キャスト 上条喬樹 高校3年生、半年前、突如姿を消した 発砲事件をはじめとする一連の出来事に関係している可能性が浮上 健太郎 椎名智弘 喬樹の友人、高校1年生 小原唯和 富樫航太 喬樹の友人、高校2年生 山下真人 安田英治 銃撃事件の被害者 なぜか撃たれた後に姿をくらました。 その後、亘の前に現われ、ある話を持ち掛けてくる 梶原善 広瀬篤 内閣情報調査室・内閣情報官 石原良純 有馬武人 内閣情報調査室・内閣審議官 旧知の関係にある衣笠と共謀して不穏な動きを見せる 鶴見辰吾 小島麗華 上条家の隣人 草刈麻有 上条沙紀 喬樹の母親 西辻こずえ 田中茂 目撃者の男性 稲健二 堀部保 警視庁広報課、社美彌子の部下 出光秀一郎 秦野直之 公安部刑事 檜尾健太 風間博 江東署木場南交番の巡査部長、拳銃で自殺 俵木藤汰 山脇重弘 内閣官房副長官、3か月前に自殺 宇納佑 堺 刑事・交番で自殺した風間を発見する 岸田研二 南 警視庁サイバーセキュリティ対策本部 岸田真弥 新田 刑事、交番で自殺した風間を発見する 河野達郎 椎名春子 智弘の祖母 島かおり 折口洋介 官房副長官(劇場版IVに登場している) 事故死として処理された内閣人事局長と以前から親しくしていた。 一連の事件に関して、何らかの事情を知っている様子を垣間見せる 篠井英介 レギュラー出演者 登場人物 キャスト 杉下右京 UKYO SUGISHITA 警視庁特命係・警部 名推理で事件の謎を解き明かす 水谷豊 冠城亘 WATARU KABURAGI 特命係・巡査 シーズン15の第1話では広報課に配属、シリーズ14では法務省キャリア官僚で警視庁警務部付に出向中であった 反町隆史 月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO 花の里のニ代目女将、ついてない女 夫の復讐のために殺人未遂を犯し右京に逮捕、模範囚として刑期を終えて出所した過去をがある 鈴木杏樹 社美彌子 MIYAKO YASHIRO 総務部広報課 課長、警視正 警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向という形で広報課長に就任 仲間由紀恵 衣笠藤治 TOJI KINUGASA 警視庁副総監・警視監 警視庁のNo. 2、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった、青木の父と竹馬の友で青木の採用にも力を貸したという噂が・・・ 大杉漣 甲斐峯秋 MINEAKI KAI 警察庁長官官房付 カイト君 甲斐享 の父、元次長 警察庁No. 2 石坂浩二 伊丹憲一 KENICHI ITAMI 捜査一課 刑事・巡査部長 川原和久 芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA 捜査一課 刑事・巡査部長、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在 山中崇史 角田六郎 ROKURO KAKUTA 組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視 山西惇 青木年男 TOSHIO AOKI サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官 浅利陽介 益子桑栄 SOEI MASHIKO 鑑識課・巡査部長 無愛想ながらも鑑識の腕は確かな職人気質 田中隆三 内村完爾 KANJI UCHIMURA 刑事部長・警視長 「特命係に捜査権はない!」発言が多い 片桐竜次 中園照生 TERUO NAKAZONO 刑事部参事官・警視正 内村刑事部長の腰巾着的存在。 小野了 大河内春樹 HARUKI OKOCHI 警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き 神保悟志 日下部彌彦 YAHIKO KUSAKABE 法務事務次官 特命係を敵視し廃止に追い込もうと策謀を巡らせる、冠城亘の元上司 榎木孝明 スタッフ 脚本 太田愛 監督 内片輝.

次の

相棒 Season17 第6話 「ブラックパールの女」の感想・あらすじ|相棒ファン

相棒 ブラック パール の 女

『相棒17』第6話「ブラックパールの女」の感想です。 先週は右京さんの頭脳を堪能する回でしたけど、地味な回だったのは否めず。 今週は予告からして、 一癖ありそうな女性(西田尚美さん)がメインの回でした。 今回はめちゃくちゃ面白かったです! しかも今後の展開も匂わせるあたりも期待できますのもよかったです。 しかし、右京さんは鋭いなぁ。 連城さんもお久しぶり! 監督は権野元さん、脚本は山本むつみさんでした。 とにかく遠峰小夜子役の西田尚美さんの良さに尽きる! 登場時は、一見地味でさほど綺麗にも見えない(失礼)、 中年女性の遠峰小夜子。 彼女は結婚詐欺を働いた上で殺人を犯したという罪で拘留されています。 右京さんと冠城さんが連城建彦さんに頼まれて拘置所に赴くわけですけど、一言話始めた瞬間から 「このおばさんは曲者」感が凄かったです。 しかも話していくにどんどん彼女に引き込まれるんですよ。 あの 独特な雰囲気に飲まれるというか。 男性を結婚詐欺する時に手を握って真珠の説明をするのですが、エ〇い!! 笑 狙ってやっているんですけど、とにかくせくすぃなことを想像させるに十分な手つき。 これは寂しいおじさんは落ちる。 話し方のテンポも聞きやすく、どこか品があるように話すのです。 ところどころで振る舞いが丁寧だったり。 イケてなかったのは ロングヘアのカツラが全然に合ってなかったことくらいですけど、おじさんを誘惑(?)していると全然気にならないという 笑。 すごい存在感とインパクトでした。 ショートヘアの方が断然素敵ですね。 今回の事件も 右京さんたちが使えるかどうかを確かめたかった、というただそれだけで事件をほめのかしたという感じがしています。 実際そう言ってますし。 右京さんを駒に使えるかどうかはさておき、なにかの事件と絡まると動くでしょう。 だからこその最後のあのセリフ、 「あの二人、使える」に繋がるんですね。 ゾクッとしました。 優しい笑みを浮かべることもあれば、冠城さんの言うように狡猾でしたたかさもあり、右京さんの言うようにミステリアスで、そして知性も感じさせ、時々感情を見せる。 興味深い女性です。 そりゃ冠城さんに注意しろ、というわけです。 相棒は女性のキャラクターが上手いですよね。 遠峰小夜子は冠城さんを罠にはめていくのかな? 後半に大きな事件と絡めそうなので、期待したいです。 お久しぶりの弁護士・連城建彦さん! season15から1話ずつ登場する連城さん。 今回で3シーズン連続で登場!! 曲者弁護士です 笑。 右京さんと共鳴できるとは思えませんけど、お互いに能力は認めあっているという感じがひしひしと伝わって面白いですね。 共感が持てるキャラではないのに、時々こうやって登場するというのが相棒らしくていいかな。 最強の頭脳をもっている天才な右京さんと、有能で狡猾で抜群の頭脳をもっている曲者な連城さん。 この2人が対峙することがあれば、どうなるんでしょうか。 今シーズンに遠峰小夜子の件が再び登場する時には、 もれなく連城さんも出てくるでしょうから、プチでもいいので対決があればなお面白そう。 右京さんにはかなわないでしょうけど、連城さんがどこまで粘るのかが興味深いです。 冠城さんの心の揺れをすぐに感じ取る右京さん! 遠峰小夜子の伏線を拾っていくのかわからないですが、 冠城さんが術中にはまっていきそうなのは、右京さんはすぐに見抜くというか予感がするあたりはさすが! 冠城さんの脆さを危うく思っているという感じかな。 右京さんは愛だ恋だというのが苦手なはずですけど、 こういう人の機微にめちゃくちゃ敏感ですよね。 いつも感心します。 右京さんは冠城さんをまだ心の底から信頼していないんだろうな、というのも感じます。 頼りになる相棒ではありますが、気は許せないというか。 そこが右京ー冠城のコンビの面白さでしょう。 最終的に絶大な信頼を得る結果だといいんですけどね。 このコンビも好きなので。 今回の相棒。。。 本来の事件の解決はさすが右京さんと冠城さん! 最初にインパクト絶大だった遠峰小夜子の話をしましたが、今回解決した殺人事件は全く別の事件。 遠峰のおかげで解決に導いた事件です。 ドライアイスを用いたテクニック。 なるほど、どうやって溺れさせたのか、というところですかね。 お風呂場で溺れるという話はオープニングで特命係が話題にしてました。 右京さんによると 「溺れるのではなく失神状態になる」から、溺死するんだそうです。 前にあまりに疲れ果てて、それでもお風呂に入ったことがあります。 湯舟でウトウトしたときちょっと怖い思いをしました。 ウトウトしてハッと気がついた時、 自分が湯舟に浸かっていることを一瞬理解できないんですね。 それでゾッとした記憶があります。 だから、お風呂で寝ると危ないんだ、と勝手に思ってました。 そっか。 お湯につかって失神状態になるのか。 交通事故よりもお風呂場で溺死の方が多いっていうのは驚きました。 そういえば、遠峰小夜子の持つ 「相貌認識能力」という能力も初めて知りました。 そういう能力が欲しいですけど、あっても役に立つのかな?w 私にはさして役立たない気もします。 でも 詐欺を働く遠峰には最高の能力でした。 寂しい人の心につけ込むには、自分を理解してくれるという寄り添う気持ちって嬉しいでしょう。 それを利用し気持ちを弄ぶことができるというのは、やはり立派な悪女なのです。 あと、谷岡さんの奥さんの ワンちゃんがやたらと右京さんに敵対してましたね。 飼い主の敵だって本能でわかっているという演出でしょうけど、あの事件のあとワンちゃんどうなっちゃったんでしょうね。 ちょっと切ないな。 今回の相棒は、見応えがあって伏線も匂わせて、久しぶりに良作でした。 特命係も楽しそうでしたしね。 今週の特命係。。。 「特命係の青木」 今回の青木さんは 特命係に馴染んいる方の青木さんでしたね 笑。 右京さんとのチェス対決、結局勝負はお預けになりましたけど、青木さんもいい攻めをしていたんですよね。 チェスはよくわかりませんが。 「特命係の」とからかわれているのも面白かったですね。 いちいち嫌がってますし。 あとは、 冠城さんにちょいちょいちょっかい出されてましたね。 遠峰の記事を読んでいる青木さんの頭をなでたり 笑 、頬を撫でられたり。 ランチ一緒に行ってもらっているんでしょうか? 青木さん、今回の勘はハズレましたね。 「こんな女が魔性の女のわけがない!」と言い切ってましたけど、青木さんが遠峰小夜子の魔性に惑わされたら面白いんですけど、そこは冠城さんですね。 「100件近い被害者のほとんどが中高年の寂しい独身男、色仕掛けに決まってます!」、これは合ってたかな 笑。 伊丹さんに「特命係」と言われて嫌がっている青木さんも最高! 青木僕ちゃんに、いつか拗れが治る日が来るのでしょうか? 相当屈折してますからねー。 次週は。。。 「特命係の亀」 これは狙ってますよね 笑。 亀山さんではなく本当の亀ですけど、 「特命係の亀」なんて言われるんですから。 いつか本当の亀山さんがひょっこり登場しないかなぁ。 右京さん、泣いちゃいそうだけど 笑。 目頭が熱くなりそうです。 亀とこんにちは、な右京さんがシュールでした。

次の