ゴールデン カムイ 216。 【ゴールデンカムイ】216話ネタバレ感想|ヴァシリが可愛い過ぎる【最新話考察】

最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』216

ゴールデン カムイ 216

シロクマを傷つけたくない! 後ろから一緒に流氷を渡ってきたシロクマちゃん。 白石はズルンとズボンを剥ぎ取られ、尻丸出し。 アシリパさんはこれほど白い毛皮のクマを見るのは初めてのようで、皮算用します。 通常のヒグマは一頭分で4円(米俵一俵/60kgが買える)だそうですが、もしかしたらこの白い熊ならばその何十倍かも、という。 スナイパー頭巾ちゃんのヴァシリは敵と見るや問答無用で銃を構えるのですが、ここはただ倒すよりもいかに傷つけることなく倒すかが重要。 杉元は「今はまだ撃つな」と言いますが、まあヴァシリにわかるはずがありません。 何度も「撃つな、分かったな?」と伝え、ヴァシリ自身もウンウン頷いているんですが(かわいい)、わかってない。 何度も構えるヴァシリに擬音を使って伝えるのですが(いわく「バーンしたらブクブク」)、わかんないんですよねえ……。 ずっとウンウン言ってるけど。 終いには言葉で言っても伝わらないから実力行使です。 頭巾のてっぺんをグッとやって威嚇する杉元。 頭巾の上だけ伸びたヴァシリは以後大人しく待ちます。 穴を開けずに撃つには? クマを撃つなら通常頭ですが、どうしても穴は開きますよね。 毛皮は傷が少ないほど高価なので、この命の危険もある状況で知恵を総動員してどこから撃つか考える一行。 結局杉元は口の中から脳天か心臓を狙おうとしますが、流氷が傾いて形勢逆転(物理)。 シロクマの後ろに振り落とされた杉元は、ふとかつての変態たちを思い出します。 姉畑、そして親分。 彼らがどうやってヒグマを倒したか思い出してほしいのですが……そう、 肛門です。 杉元は瞬時に最適な答えにたどり着きます。 シロクマの肛門から心臓へ。 肛門の返り血を浴びただけで見返りゼロの杉元が不憫…… 40円以上にはなろうかという毛皮をとり逃し、結局は文字通り取らぬ狸の皮算用に終わったのでした。 ホッキョクグマ? シロクマといえばホッキョクグマですが、杉元たちが出くわしたシロクマがそうなのかは不明です。 北海道で白い毛のクマが発見された例はあるのだそうですが、それは白い毛で生まれたアルビノのヒグマなのだそう。 アルビノなら目や鼻も色素が薄くピンク色なので見分けはつくでしょうが、この当時の人たちに両者を見分けることができたかどうかは謎です。 まずホッキョクグマを見る機会も少ないでしょうし。 生きていた鯉登少尉 それから数日後、場面変わって鶴見陣営です。 鯉登少尉は樺太の病院かどこかに留まったのかと思っていたら、パパと一緒にちゃんと船に乗ってたんですね。 生きててよかった。 情けないとこぼす息子に、父は周りを確認してから 「生きちょりゃよか」 野田サトル「ゴールデンカムイ」216話/集英社 と返します。 息子が生きていてよかった、と言葉にするだけでもあたりを見渡して誰もいないことを確認しなければできない。 指揮官としては個人的感情を優先できない切なさがありますが、薩摩隼人なりの矜持でもあるのでしょうか。 でもこうやって口に出して伝えることができるだけ、この親子もあの誘拐劇から成長したんですかね。 作中の登場人物で親子関係がハッキリしている人間のうち、ちゃんとしてるの鯉登親子だけですからね。 だいたい既に故人だったり、利用されたり殺したり。 これを見て月島軍曹は何を考えているのか。 いいかげんこの人も救われろ~~.

次の

【ゴールデンカムイ】最新話「第216話」ネタバレと感想【謎の白い熊】

ゴールデン カムイ 216

流氷の上を歩いて進んでいく杉本たち。 杉本はアシリパが暗号の解き方に気づいたことを知るが、方法を明かすタイミングはアシリパに任せることに。 一方、船上の鶴見中尉達は、逃げたアシリパの親族を人質に取るか話し合っていた。 大泊では、復活した尾形が銃を手に入れたことを、月島が知る。 そして杉本たちは、流氷上で白い熊に襲われるのだった。 suzuco. アシリパは矢が残っていないため、杉本が白熊の相手をしようとします。 しかし、白くて綺麗な毛並みを見たアシリパが、「ものすごく高く売れるんだろうな」とぽつり。 その言葉に白石と杉本が反応し、具体的にいくらくらいになるのかアシリパに聞きます。 普通のヒグマの毛皮は一枚4円(米60キロ分)くらいですが、「その何倍…何十倍かも…」とアシリパは興奮を隠せません。 しかし、ヴァシリが白熊を撃とうと動き出したことで、驚いた白熊が氷の上から滑り、海に落ちてしまいます。 「今撃ったらダメだ、白熊が海に沈んでしまう!」 杉本は身振り手振りを交えてヴァシリを制止し、ヴァシリもうんうんと頷いて通じたかに見えましたが…。 全く通じていなかったのか、ヴァシリは再び銃を構えて白熊を撃とうとします。 再び杉本がヴァシリを止め、必死に説明すると、ヴァシリは再びうんうんとうなづき、今度こそ通じたかに見えましたが… やはりまたヴァシリは白熊めがけて銃をサッと構え、キレた杉本がヴァシリの頭巾を上に引っ張り上げます。 【ホッキョクグマの毛皮を狙う杉本達】 杉本がキレたことでようやく意思疎通ができたのか、ヴァシリも動きを止めます。 アシリパの指示で、毛皮をより高い値段で売るために、一発で仕留めるよう頼まれる杉本。 弾キズが少ない方が高く売れる…そう教えられた杉本は、一つも傷をつけずに白熊を仕留めてやろう、と意気込み始めます。 射撃の下手な杉本には無理だ、と白石が叫びますが、杉本はやる気です。 重要なのはどこを撃つかですが… 目は小さすぎる上に周りの皮を傷つけやすく、鼻もまた傷をつけると毛皮の価値が半分以下になってしまいます。 杉本は一か八か、口を開けた時に脳みそか心臓を狙って撃つことに決めます。 と、海に落ちていた白熊が再び姿を現し、杉本に襲い掛かってきます。 白熊が体重をかけたことで、杉本の乗っていた流氷がぐらつき、杉本は倒れてしまいます。 もうダメだ、と判断した白石がヴァシリに撃つよう指示しますが… 立ち上がった杉本は、丁度自分の目の前に、白熊が尻を向けていることに気づきます。 杉本の脳裏に、ヤクザの親分や、姉畑支遁のことがよぎります。 二人がそれぞれ、ヒグマのケツの穴に異物を挿入したことを思い出した杉本は、「おおおおお」っと雄たけびを上げながら、銃を白熊のケツにつっこみます。 白熊の内部に銃身が突っ込まれる様が断面図で描かれます。 「口は口でも下の口だ!」 杉本はそのまま発砲し、銃弾は見事に白熊の心臓を直撃。 狙い通り、毛皮には傷一つつけることなく、白熊を斃すことに成功したのでした。 【杉本たちは北海道へ帰還】 喜ぶ白石でしたが、白熊を斃した直後、杉本の傷口が開いて血があふれ出します。 アシリパたちが杉本へ駆け寄って容態を見ていると、仕留めた白熊の亡骸が流氷の上に乗り、ユラユラと流されて行ってしまいます。 白熊の亡骸はどんどん離れていってしまい、結局毛皮を得ることはできませんでした。 と、ヴァシリが何かに気づいた様子で、「フンフン」と何かを伝えようとしてきます。 ヴァシリの視線の先には、猟に来ていたらしいアイヌの小舟が。 杉本たちは小舟に乗せてもらい、真っ白なキムンカムイの話を聞きます。 何十年か前にも、北海道でアルビノの白熊が見つかったことがありましたが、獣医師がホッキョクグマと誤診したため…「北極熊が流氷に乗ってやって来た」という噂が、現在の北海道にも残っているのでした。 杉本たちが見た白熊の正体が、ヒグマだったのかホッキョクグマだったのかはわからずじまいでした。 しかし、船の先に北海道の陸地が見えてきたことで、アシリパが顔を輝かせます。 それから数日が経ち… 船上のハンモックの上で横たわっている鯉登少尉が描かれます。 薩摩弁で弱音を吐く鯉登に対し、鯉登の父である兵二は、周囲をキョロキョロ見渡して人気がないのを確認した上で… 息子が生きていてくれたことを薩摩弁で喜ぶのでした。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『ゴールデンカムイ』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 解約違約金ありません! 『ゴールデンカムイ』最新話【第216話】の感想・考察 白熊との戦いは早くも決着がつきましたね! ヤクザの親文と姉畑支遁という、懐かしキャラのエピソードからヒントを得るという、字面の上では熱いのにやってることはケツの穴に銃をつっこむというひどさ… 熱いんだか笑えるんだか、どう反応していいのか、読んでいて戸惑ってしまいました。 白熊は殺されるだけで毛皮を剥がれるでも食べられるでもなく、亡骸が流されていくシーンは、ちょっとかわいそうな気もしました…。 また、今回ようやく、正式に鯉登少尉の生存が確認されましたね。 鯉登ファンは一安心したのではないでしょうか。 鯉登父は一貫して鶴見の狂信者のように描かれていますが、周りを核にしたうえで「生きちょりゃよか」と発言する当たり、鶴見への信奉より息子の命の方が大事、という本音が垣間見えたように思います。

次の

最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』215

ゴールデン カムイ 216

【ゴールデンカムイ】216話ネタバレ感想|ヴァシリが可愛い過ぎる【最新話考察】 『ゴールデンカムイ』216話の内容と感想を紹介します。 前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。 2週間長かった・・・【ゴールデンカムイ216話】 『ゴールデンカムイ』は先週が休載だったので、たかだか2週間ではありますが、すご~く長かったですね。 そのためか、『ゴールデンカムイ』を読めることがいつもにも増して嬉しかったです! 早速、本題に入ります。 杉元 vs シロクマ【ゴールデンカムイ216話】 前回、白石がシロクマに襲われたところで終わっており、今回はその続きからです。 216話の扉絵には 「オレサマ 白石 マルカジリ」という文字が・・・ -『ゴールデンカムイ』216話より 恐ろし過ぎるww 白石を食べたくてしょうがないというシロクマさんの気持ちが溢れんばかりですね。 杉元は、このシロクマは、北極から流氷に乗ってやってきたのかと言い、アシリパは穴ごもり出来なかったマタカリプ(ヒグマ)かもしれないと予想しました。 お金に目が眩む3人【ゴールデンカムイ216話】 そのシロクマを見て、アシリパはこう言いました。 この毛皮・・・ものすごく高く売れるんだろうなぁ~-『ゴールデンカムイ』216話より -『ゴールデンカムイ』216話より この一言がきっかけとなり、杉元・白石はお金のことしか考えられなくなってしまいました。 笑 ズバリ、シロクマの価値、米俵(一俵60kg:4円)数十個分に相当するのではないかとアシリパは言いました。 今がチャンス!だと思ったヴァシリは銃を構えますが、杉元が必死になって止めます。 もし、今撃ったらシロクマが海に沈んでしまうからです。 笑 バーンでブクブクで分かれ!という方が酷ではないでしょうか?笑 ただ、杉元が手でストップってやっているのにヴァシリは銃を向けているので、恐らくヴァシリは撃つなと言われていることが分かっているような気がしています。 それでも銃を下ろさないのは、狙撃手の性質なのか、ただただ杉元とじゃれたいだけなのか・・・結論、ヴァシリは可愛いですねww 人間の欲はどこまでも【ゴールデンカムイ216話】 杉元はアシリパからありがたいアドバイスを受けます。 それは 「出来るだけ一発で仕留めろ」です。 -『ゴールデンカムイ』216話より それを聞いて、杉元はコペルニクス並みの閃きを見せます。 キズが少なければ高く売れるのであれば、一つもキズのない毛皮ならもっと高く売れるのではないか、と。 アシリパは杉元の逆転の発想を聞いて、汗をダラダラと流し、ツバを飲んで 「そんなこと出来るはずがない」と言い 「そんな毛皮・・・とんでもない値段で売れるぞ」と続けました。 (訳:シロクマにキズ一つ付けないで、とんでもない値段で売るぞ) 白石「毛皮を傷をつけずに斃(たお)すだと? そんなの絶対に不可能だッ 不可能に決まってる!! 」(訳:杉元、お前ならやれる!) この3人の辞書には「妥協」なんて言葉は載っていません。 アシリパ「ふはははッ」【ゴールデンカムイ216話】 杉元はどこを狙って撃てば、シロクマをキズつけないで済むのかをアシリパに訊きました。 杉元が「鼻は?」と訊いた時、アシリパは 「ふはははッ」と笑い出しました。 -『ゴールデンカムイ』216話より 完全にイッっちゃてます。 笑 杉元は、口を開けた時に脳みそ or 心臓を狙うことにしました。 が、杉元が乗っている氷をシロクマにひっくり返され、杉元はシロクマの背後へと飛ばされてしまいました。 ここに来て姉畑!?!?!?【ゴールデンカムイ216話】 白石は、さすがに命の方が大事だと思ったのか頭巾ちゃん(ヴァシリ)に 「撃て」と命令しました。 その時、シロクマの肛門を見た杉元の頭にエジソンが舞い降りてきます。 杉元は姉畑支遁と親分を思い出し、銃を勢いよくシロクマのお尻へとツッコミ、見事心臓に銃弾を的中させることができました。 -『ゴールデンカムイ』216話より これで億万長者確定!人生上がり!!金塊も探さなくてOK!!! になるかと思いましたが、毛皮にキズ一つついていないシロクマの死骸が、流氷に乗ってドンブラコドンブラコと流されていってしまいました。 二兎追う者 一兎も得ず と言われているとおり、欲を張り過ぎると返って損をするというのは、この世の理ですね。 救い船に救われる【ゴールデンカムイ216話】 シロクマが流されて、3人は絶望していましたが、そんな中ヴァシリは「フンフン」言っており、その視線の先を見ると一隻の小舟に乗る3人のアイヌがいました。 -『ゴールデンカムイ』216話より 4人はその小舟に乗せてもらい、ついに北海道が目前へと迫ってきました。 数日後 鯉登少尉、船に乗っていたんかーい!【ゴールデンカムイ216話】 なんと、鶴見中尉が乗る船に鯉登少尉も乗っていたことが分かりました。 -『ゴールデンカムイ』216話より 僕は、鯉登少尉が全く登場していなかったので、樺太で療養しているのかと予想していましたが、思いっきりハズれました。 鯉登少尉は 「情けんなか・・・」と言い、鯉登パパは辺りをキョロキョロと見回して 「生きちょりゃよか」と言いました。 生きていて良かったということを聞かれることすら許されないというのは、なかなかシビアですね。 そして、ついで月島軍曹も同じ船に乗っていたことが分かりました。 ついでに小さいコマで。。。 【ゴールデンカムイ】216話(最新話)ネタバレ感想 今回はギャグ回でしたね! ということは、次シリアスな展開になるのではないでしょうか? アシリパたちも北海道に到着しているはずなので、ここから物語が大きく動き出しそうですね。 今回のシロクマ退治は、なんやかんやヴァシリが撃ってしまうのではないかと思いましたが、ちゃんと言うこと聞いていましたね。 笑 鯉登少尉(&月島軍曹) そして、1番の衝撃は、鯉登少尉です!(あと月島軍曹も) 鯉登少尉は、鯉登パパに鶴見中尉に上手いこと操られていたということを言うのでしょうか? もしかすると、鯉登パパはすでに気づいているという可能性もありますね。 そして、月島軍曹は何を思っているのでしょうか? 船に乗っているにも関わらず、前回も鶴見中尉の近くにはいなかったので何かおかしいですよね。 このまま鶴見中尉について行っていいのかどうかを迷っているのかもしれません。 谷垣も船に乗っている!? 鯉登少尉と月島軍曹が船にいたということは谷垣も乗っているはずですよね。 まさか、樺太で尾形とタッグを組んでいるなんてことはないと思いますので(ワクワクはしますが)、インカラマッに会うために鶴見中尉と行動を共にしていると考える方が自然です。 谷垣の今後を考えると、少し胸が苦しくなりますね。 続きはこちら 『ゴールデンカムイ』関連記事 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたい! 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたいという方は、がオススメです。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! を無料登録すると 600円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『ゴールデンカムイ』の最新話が掲載されている 『ヤングジャンプ』を1冊無料で読むことができます。 あまり大きい声では言えませんが、『ヤングジャンプ』を読んだ後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。

次の