どんな とき も wifi 乗り換え。 【最新】どんなときもWifiのキャッシュバック&キャンペーン情報!

どんなときもWiFiからの乗り換え先に最適なWiFiサービスを全力で紹介します!|たびやしゃ

どんな とき も wifi 乗り換え

今のプロバイダに不満があって 「とにかく早く安くWiFiを乗り換えたい!」という人も多いと思いますので、まず最初に結論をお伝えしようと思います。 そもそもWiFi自体いろいろあって、なんだかわかりにくいですよね! そこで、先ずは WiFi3種類の違いや金額を分かりやすくまとめてみました。 スマホのデータ通信料を節約できる。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 家でも外でも場所に関係なくWiFiが使える。 難しい設定は必要なく、即日使用可能。 BroadWiMAXは月額料金が最安値! 1つ目のポイントは、 BroadWiMAXの月額料金がとても安いこと! せっかくWi-Fiを乗り換えするのに、今よりも料金が高くなってしまうのは絶対避けたいですよね。 BroadWiMAXは、 データ容量の月間制限がないギガ放題プランでも、どこよりも月額料金が安いんです。 固定回線を契約している人だと、光回線の料金とプロバイダ料金を合わせて5000円以上かかっている人が多いと思います。 ですが、BroadWiMAXならプロバイダ料金のみで良いので、 月額2,726円〜と非常に安いです。 端末も、なんと最新のものを無料で使うことが可能です。 デメリットがほとんど見当たらないですよね! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 広く知られている例としては携帯電話(スマートフォン)の 「2年縛り」ではないでしょうか。 これは、2年契約という 決められた契約期間"以外"で「解約」や「乗り換え」をすると、解約金や違約金が発生するシステムです。 しかし、契約満了後に契約を更新した場合も再び 『2年間契約』となり、再度この契約期間満了前に解約をすると解約金が発生してしまうのです。 そのため、 WiFiを解約する理由は様々だとは思いますが、最初に契約したプロバイダのサービスが、 思っていたより良くなった、料金をもっと安いプロバイダに変更したい!と言う理由から解約したい方もいるでしょう。 やはり、そこでネックになるのは 『解約違約金』ですよね。 本当は、もっと早くプロバイダを変更したいのに、 契約満了月が遠くて解約できない場合があります。 そうすると、満足していないサービスに月額料金を支払わないといけませんし、乗り換えたい他社のお得なキャンペーンに間に合わない場合もあります。 とても簡単です。 また、BroadWiMAXを使ってみてやっぱりポケットWiFiより固定回線が良いと感じた人のために、業界初の『いつでも解約サポート』として、 BroadWiMAXから他社の固定回線へ乗り換える場合のみ解約違約金が0円になるサービスもあるのです! WiFiのヘビーユーザーのみならず、はじめてWiFiを購入する方も安心できる良いサービスではないでしょうか? また、BroadWiMAXは、月額のデータ容量制限がない「ギガ放題」プランの月々の使用料が、 2ヶ月間2,726円、その後も月々の 使用料金は3,441円と、他プロバイダに比べて圧倒的にお得です! 詳しい料金比較は下記からどうぞ。 BroadWiMAXに違約金の請求書を送付 保存したYahoo! WiFiの請求書を、BroadWiMAXにメールで送付しましょう。 あて先は info wimax-broad. jpです。 メール内容には、「違約金の負担をお願いします。 」など、違約金負担についてだとわかるような内容にしましょう。 その後手続きのメールが届くので、口座等の指定をすれば、1ヶ月後を目安に 最大19,000円まで振込してくれます。 この違約金負担キャンペーンの金額は、あくまでも「最大」が19,000円。 なので、もし以前使っていたプロバイダの違約金が9,500円だったら、9,500円が振り込まれる事になります。 必ず満額の19,000円をもらえるわけではないことを覚えておきましょう! 違約金負担があるので乗り換えにおすすめのBroadWiMAX。 なんと、 もしBroadWiMAXを使ってみて不満があった場合、他社のポケットWiFiや光回線に無料で乗り換えが出来るんです! いつでも解約違約金が無料になるサービスなので、BroadWiMAXに乗り換えて損をすることはありません。 そんなの 「いつでも解約サポート」について解説します。 いつでも解約サポートの乗り換え先は? BroadWiMAXの「いつでも解約サポート」の乗り換え先は、全部で12種類あります。 ポケットWiFiプロバイダ• どんなときもWiFiは、通信制限がないのが話題ですよね。 3日10GBの制限が乗り換えの理由なら、どんなときもWiFiをおすすめします。 ホームルーター• 工事不要で家のコンセントにさすだけで、すぐに快適なネット環境が手に入れられます。 ソフトバンクスマホを利用している方なら、自宅のインターネットをセットにすることで割引がありますよ。 光回線プロバイダ• もう外出先でWiMAXを使うことがなくなったり、家で高速インターネットを楽しみたいという人は光回線へ乗り換えましょう。 光回線プロバイダはたくさんあって悩みますが、携帯電話会社と同じにすると料金が安くなったりしますよ。 いつでも解約サポート利用の流れ いつでも解約サポートを利用するには、電話またはWebから問い合わせができます。 固定回線サービスの場合 固定回線が開通したら、「いつでも解約サポート」の電話窓口に連絡してください。 電話連絡後、BroadWiMAXが解約となります。 いつでも解約サポートは、 手間がかからず、無料で簡単にネット環境がかえられるのが大きなポイントと言えますね。 違約金もかからず、しかも面倒な乗り換え先の手続きまで行ってくれるという、なんてすごいサービスなのでしょう! しかも 「いつでも解約サポート」は、BroadWiMAXを〇ヵ月利用後などといった利用期限がないので、いつでも利用できる安心サポートです。 不安な点は電話やチャットですぐ聞けるのも魅力です。 中には解約後に端末の返却が必要な場合もあるので、手続きの際にしっかり確認してください。 公式サイトではわかりやすく動画で紹介もしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 WiFiの契約満了時期っていつなの? さて、絶対に違約金を支払いたくない場合、WiMAXの解約や乗り換えの際に重要になるのが 「契約満了のタイミング」です。 余計なお金(=解約金・違約金)は払わないで済むに越したことはありませんから、解約金が発生しない契約満了月に解約や乗り換えするのがベストです。 しかし、この契約満了のタイミングも結構厄介なのです。 契約満了っていつなの? 厄介な理由としては、まず、 契約満了となる月が何月なのかものすごくわかりづらいのです。 例えば、3年縛りのプランを1月に利用し始めた場合、契約満了月は何月になるのでしょうか? 実はこの場合の 契約満了月はプロバイダによって様々なのです。 これはどういうことなのか、具体的に説明していきましょう。 なので、1月から利用し始めた場合は2月から実質の契約スタートとなり、37ヶ月目である3年後の1月が契約満了月になります。 3年契約の場合、契約満了は37か月後 しかし、解約金や違約金がかからないのは実はこの月ではなく、その翌月(=契約更新月)になります。 なので、そもそも「解約金がかからない月=契約満了月」と思っている人もいると思いますが、これは間違いです。 正しくは 「解約金がかからない月=契約更新月」になります。 よって、 1月に利用を開始した場合は3年後の2月が解約金がかからない月になります。 プロバイダによっては37ヶ月目ではなく 38ヶ月目が解約金がかからない月になることもあります。 また、一部プロバイダで利用開始月の月額料金が無料になるところもあり、その場合はさらにもう1ヶ月先になることもあります。 更には、解約金が発生しない月でもその月の 月末だともう解約対応を受け付けてくれないこともあります。 とにかく契約するプロバイダの解約満了月については、事前に確認するようにしましょう。 他社からの乗り換えを支援するBroadWiMAXの解約金がかからない月は、「契約更新月」の1ヶ月間です。 契約更新付きの1ヶ月間のみ、違約金がかかりません。 それ以外の月は違約金が発生することを頭に入れておきましょう。 乗り換えするとキャッシュバックキャンペーンは貰えない? さらに乗換時期の注意点として挙げられるのが、いくつかのプロバイダがキャンペーンで行っているキャッシュバック金額の入金時期です。 例えばGMOとくとくBBでは、末端発送月を含む 11ヶ月以内に解約してしまうとキャッシュバックがもらえません。 他にも特典の適用外となる場合として• 料金未納によるサービス一時停止や強制解約• ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受け取り口座の連絡をいただけなかった場合• またはお受取口座情報に不備がある場合• 解約しようと考え中の方は、キャッシュバックを貰える時期も踏まえて乗換時期を考えることをおすすめします。 さいごに:とにかく事前に知っておくことが大事!.

次の

どんなときもWiFiからの乗り換えにおすすめのモバイルデータ通信サービスは?

どんな とき も wifi 乗り換え

ネット使い放題(無制限)で 月額3480円! トリプルキャリア対応で電波拾いまくり! 世界107カ国で利用可能! しかも! イメージキャラクターに、今をときめく 佐藤二朗を起用! こりゃ「どんなときもWiFi」使うしかねぇ! まず最初に、自宅で「ポケットWiFi」 を使うことのメリットを熱く説明するよ。 一回使ったら、もう固定回線には戻れない 先に言っておくと、すでに持ち家に住んでいるとか、絶対に引っ越さないと決めている人には関係ない話です。 しかしですね。 今後、転勤する可能性があるとか、引っ越す可能性があるとか、頻繁に旅行するとか、そういう方には、ぜひとも「ポケットWiFi」をオススメしたいですね。 うちの場合、お正月の旅行とか、ゴールデンウィークの旅行とか、週末のキャンプとか、そのまま「ポケットWiFi」を持って行ってます。 外でもギガの減りを気にせず、ネットをガンガン使えます。 超便利&お得。 だって絶対に、持ち運び可能なモバイルの方が便利ですからね。 考えたのは「次はどこのポケットWiFiがいいかな?」っていうことだけです。 たとえばね、 固定回線の一番のネックは、2年縛りとか3年縛りとかで 解約月を限定されちゃうことなんですよね。 引っ越しの都合とかで 違約金が発生する可能性が高い。 引っ越しのタイミングって、自分ではコントロールできないケースも多いじゃないですか。 会社の事情とか、家庭内の事情とか。 会社の上司から転勤を言い渡された時に 「うちのネット回線、来年の5月が更新月なんで、それまで待ってもらませんかね?」 って言っても、ダメじゃないですか。 「 ちょうど固定回線の更新月に引っ越せるか?」 っていうと、そうとは限らない。 んで、泣く泣く高い違約金(1万円弱?)を払ってネット回線を解約して引っ越す、って話になるケースがけっこうあると思うんですよね。 (逆に言うと業者的にはそれが狙い) でも、 ポケットWiFiなら、そのまま引っ越し先に持って行けちゃうんですよね。 引っ越しするからといって 無理して解約する必要が無い。 違約金が発生しない更新月自体は限定されますが、どのタイミングで何回引っ越しても、ストレスにならないんです。 これ、地味にメリット大きいんですよね。 あんまり話題になりませんけど。 通信速度が猛烈に速くないと都合が悪い、っていう人なら「光なんちゃら」みたいな固定回線の方がイイのかも知れませんが、私みたいな、ブログ書いたり、YouTube観たりする程度なら、全然、ポケットWiFiで問題ないと思いますね。 【注意】 どんなときもWiFiは、解約手数料がかなり高めに設定されています。 解約のタイミングが引っ越しなどに影響されないとはいえ、0円で解約できるタイミングはしっかり覚えておきましょう。 以下、公式HPより 期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。 更新月以外のご解約には別途解約手数料が必要となります。 他の安いポケットWiFiで速度制限になったら、動画とかまともに観れないらしい。 ということで、うちの場合、当初の第一候補は「 」でした。 (プランは「ギガ放題」) これね。 でもね~、いろいろ、ややこしいんですよ、これがまた。 会社によってキャッシュバックがあったりなかったりで、月額料金だけでは判断できなくて。 そんなこんなで、3年縛りだと、キャッシュバックも含めて3年トータルでいくらかかるのか?って計算しなくちゃならんわけですよ。 んで、私は計算してませんけど、実際に各社の「3年総額でいくらになるか?」を比較した方が言うには「 」が一番お得だそうで。 ただし! 一個だけ、懸念がありまして。 一番怖いのが 「キャッシュバックのもらい忘れ」ね。 これがけっこう鬼門らしいです。 2年後とかに「キャッシュバックの分ください」って自分から申請しないとダメなんですよね。 これを忘れちゃうと、トータルで支払った料金がメッチャ高くなっちゃう、っていう。 意外と多いらしいんですよ、もらい忘れ。 これがなんか怖くてさ。 それで、ちょっとナーバスになっておりました。 「あ~、キャッシュバックの分、最初から月額料金に還元してくれてるプロバイダって無いのかな~」って。 そしたら、あったのよ、「 どんなときもWiFi」。 今年の3月に誕生した、できたてホヤホヤのポケットWiFiサービス。 発見した。 これだ、と思いましたね。 普段なら何日も熟考する私ですが、1日で即決しました。 ってか、更新月のタイムリミットが迫ってたから、急いで決めなくちゃならなかった、ってのもあるんですけどね。 「どんなときもWiFi」めっちゃイイじゃん!って思ったら、申し込み殺到してパンク状態だった 「どんなときもWiFi」の存在を知ったあと、間髪入れずに調べました。 そしたら、申し込み殺到してて、パンク状態。 【重要なご案内】 現在大変多くのお申込みを頂いており、端末の在庫切れが発生しております。 お申込みいただいたお客様におかれましては大変お待たせして申し訳御座いません。 本日入荷の目途が立ち、5月末までに順次発送を開始できる調整が整いました。 お届けまで今しばらくお待ちくださいませ。 — どんなときもWiFi donnatokimowifi 端末の在庫切れで、発送が滞っているという情報が。 ヤバいっ!早く申し込まないと…! こっちは、5月で今の回線が解約になるんで、5月中には新しいルーターを届けてもらわないと困るんだよ~! ……的な状況。 んで、結局、ギリですよ。 本当にギリ。 5月31日の夜だったかな「どんなときもWiFi」の端末が家に届いたのが。 それで6月1日から、愛用しております。 今のところ、快適に使えております。 実際に速度を計測してみると、ほとんど変わらないらしいです。 普通にブログ書いたり、動画観たり、ネットサーフィンするくらいなら、全然問題ないですね。 あらためて紹介します。 「どんなときもWiFi」のここがスゴい! さて、そろそろ本題に入りますか。 (まだ入ってなかった) ココがスゴイその1 料金が安い 今、申し込めば、2年間、月額3480円ポックリ。 いや、ポッキリです。 普通ポケットWiFiで、「使いたい放題」的なプランに申し込んだら、4000円近くなるんじゃないかと思います。 そう考えると、この料金的な要素だけでも「どんなときもWiFi」を選ぶだけの価値はありそうです。 ココがスゴイその2 使いたい放題 制限が無いです。 100ギガだろうと200ギガだろうと、問題なし。 使い過ぎると速度が落ちる、という縛りもありません。 完全な「制限なし」は、業界初なんじゃないでしょうか。 ココがスゴイその3 docomo、au、ソフトバンク、どの電波でも繋がる!(最適化) これもスゴい画期的な話です。 普通は、三大キャリアどれかの回線を選ばなくちゃダメなんですが、「どんなときもWiFi」の端末にはSIMが入っていません。 「クラウドSIM」といって、サーバー上で管理している状態なんですよね。 ちょっと何を言ってるのか分かりませんよね? 私も詳しい事はよく分かりません。 ということで、「どんなときもWiFi」のHPから引用。 他社wifiルーターの場合、その端末に挿しているSIMカードが対応している回線でしか通信ができない為対応している回線が圏外や電波が届かない場合は利用できませんでした。 どんなときもWiFiならトリプルキャリア対応で幅広いエリアでご利用いただけます! 提供エリアは各キャリア公表のLTEエリアとなります どんなときでも安心してネットを使える! トリプルキャリアのサービスエリアはソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアと同じなので、日本中が対象範囲のワイドエリアでお使いいただけます。 引っ越しや出張、旅行先などの普段の利用場所以外でもいつも通りに使用可能です。 通信障害などの万が一のトラブルの際も安心! エリアによって回線を自動で最適化! 例えば使用場所がソフトバンクよりドコモの電波が強い場合、自動でドコモ回線を掴みより快適に通信ができます。 また都市部ではソフトバンクの4G回線を掴んでいても、移動してドコモの電波が強いエリアに行けば自動でドコモ回線に切り替わります。 エリアによって回線を自動で最適化するので、どこでも快適にインターネットが使えます! これ、すごくないですか。 勝手に電波が強いキャリアに繋がってくれる。 以前ソフトバンクの回線で、大規模な通信障害が発生したことがありましたが、あんな状況でも、大丈夫ってことです。 キャリアがどこかは関係ありません。 その時、もっとも繋がる電波を自動でキャッチしてくれます。 auしか繋がらない地域ではauに繋がり、docomoしか繋がらない場所ではdocomoに繋がる。 これ、メッチャクチャすげぇじゃん。 逆に言うと「どんなときもWiFi」でさえ繋がらない状況があるとすれば、それは全てのキャリアが全滅してる、ってことです。 ココがスゴイその4 端末を海外に持って行って使える。 世界107カ国対応。 料金的に割高なのかどうかは分かりませんが、とりあえず、端末は海外でもそのまま使えちゃいます。 金額は、旅行先の国によって違うらしいです。 説明がめんどいんで引用。 他社のwifiルーターの場合、利用できる国が決まっていたり、日本も海外も1台で利用はできるが海外オプションへの加入が必要、従量制で高額請求になるなど複雑。 LTEでの高速通信は1日1GBまでとなりますので予めご了承ください。 手続き 他社のwifiルーターの場合、空港カウンターでレンタル・契約中のwifiに海外オプションをつける必要がありました。 どんなときもWiFiなら日本を含む世界107ヵ国にてこれ1台でご利用頂けます!海外でのご利用時はそのまま持って行って電源ONで使用可能です。 海外に行く時って、WiFiをレンタルしたり、海外用にSIMを買ったり、手続きが面倒じゃないですか。 でも、「どんなときもWiFi」なら、そういう手間が省けるみたいです。 さすらいの旅人には、うってつけの一品! ココがスゴイその5 イメージキャラクターに佐藤二朗を起用! これもスゴイじゃないですか。 思い切った決断。 アドリブ炸裂www 普通に笑っちゃったよ。 ってか、220万再生突破www 【どんなときもWiFi】 完全無制限の次世代型データ通信端末 魅入っちゃった。 普通に最後まで観ちゃう。 あと、佐藤二朗の「じろう」の「ろう」の字、誤植ですよ。 公式動画なのに。 ココがスゴイその6 とにかくもう、いろいろスゴイのよ。 いろいろスゴいんだけど、あとはもう、あなた自身が確かめてください!(丸投げでフィニッシュ) あっ、忘れてた。 最近のポケットWiFiは3年縛りが主流になりつつあるけど「どんなときもWiFi」は2年縛りと良心的です。 端末の進化って結構激しくて、3年間、同じルーターを使い続けるのって結構キツイんよね。 そういう意味では2年縛り、ありがたいです。 完全無制限の次世代型データ通信端末、「どんなときもWiFi」オススメです。 gattolibero.

次の

どんなときもWiFiとWiMAXを比較してわかった良い点・悪い点

どんな とき も wifi 乗り換え

2020年4月より、次回更新月まで月額利用料金を無料で利用可能• 月のデータ使用量は25GBが上限• 追加のインターネットサービスを利用した場合、上限1万円までの補償が出る これ見る限りだと、すぐに解約するのはかえって損になりそうなやつですね。 もし光を引くとなっても、初期費用は概ね3,000円。 もし工事費用を負担してくれるのであれば、そこも可能な限り補償を受けたほうが良いでしょう。 光回線の場合は、販売代理店からキャッシュバックが出る場合がほとんどのため、どんなときもWiFiの補償と比較するとむしろ儲けもんな場合が多そうです。 これを加味したうえで、サービスをご紹介します! 乗り換え先としてやめておいたほうがいいサービス まずは、乗り換え先としてやめておいたほうがいいサービスの紹介から 今回、どんなときもWiFiからの乗り換え先として選択しないことをおすすめするサービスは系統として大きく2つ。 NURO光• THE WiFiなど〇〇WiFiの名前のサービス これについて軽く解説します! NURO光をやめておいたほうがいい理由 乗り換え先としてNURO光をおすすめしない理由は大きく3つ• 工事日が決まるまでが遅い+工事が2回入る• 実際そこまで爆速というわけではない• サポートの対応があまり良くない 上記の理由でおすすめしません。 あくまで周りから聞いた話にはなってきますが、NURO光は工事日を決定するまでの遅さに定評があります。 戸建ての場合はそうでもないんですが、マンションの場合はひどいみたいですね… ネット上だと、3ヶ月以上経っても工事日が確定しなかったって話もあるくらいなので、早急にWiFiを用意したい場合にはおすすめしません。 また、速度は2Gbpsと言いつつも、フレッツ光やドコモ光で利用しているNTTの光ファイバーケーブルを2本使用しているのが実態なので、ぶっちゃけそこまで速度変わらないです。 加えて、サポートがチャットとLINEのみの対応なので、電話を利用して急なサポートが必要な場合には対応できないとうデメリットがあります。 急にWiFiが必要なときには本当におすすめしません… 〇〇WiFi系のサービスもやめておけ 最近よくCMでやっているTHE WiFiなど、〇〇WiFi系のサービスもできれば敬遠しておいたほうがいいです。 〇〇WiFi系のサービス、みんな使用している端末がU2sといって、どんなときもWiFiと同じ端末を使用している場合がほとんどです。 最近出たゼウスWiFiがどうやら違う端末のようなので気になっていますが… また、この〇〇WiFi系のサービスですが、無制限とは言いつつも、月間で100GBを超えたあたりから通信制限がかかってしまうようです。 YouTubeを垂れ流したり、アマゾンプライムを存分に堪能したりすると、あっというまに通信制限がやってきてしまいます。 無制限とは… 乗り換え先としておすすめしたいサービス 乗り換え先としておすすめのWiFiサービスは大きく3つ• 法人回線を使用したポケットWiFi• SoftBank Air• 光回線 エヌズカンパニーのポケットWiFi エヌズカンパニーのポケットWiFiというのは商品名ではなく、エヌズカンパニーという光回線を主に取り扱っている会社が運営しているWiFiサービスです。 主にSoftBank光やSoftBank Airを取り扱っている代理店で、SoftBankから優良代理店として毎年のように表彰される会社です。 SoftBankとの信頼が築けているため、法人回線が提供されている様子です。 法人回線の何が良いかというと、回線の安定性が抜群ということです。 どんなときもWiFiも、3キャリア対応とはいいつつもSoftBank回線をメインで利用しているポケットWiFiです。 どんなときもWiFiの場合は、個人向けの回線を使用しているため、利用者が増えると回線が圧迫されて繋がりにくくなる特徴があります。 これが法人回線の場合だとどうなるか。 法人回線は、主に事業利用されていることが多いため、速度が遅くなると業務に支障が出るので遅くなりにくい仕組みになっています。 混雑している時間帯でも、かなりの速度で利用できたので、安定性は抜群です。 デメリットとしては、法人向けの回線のため解約金がなかなかの値段なことです。 ずっと使い続ける場合にはかなり良い選択肢と思われます! 詳しく解説&レビューした記事があるので、こちらをご参照ください。 費用の目安は以下の通り 月額 3,600円 事務手数料 4,900円 契約期間 3年 解約金 〜12ヶ月 67,500円 13〜24ヶ月以内 46,000円 25〜36ヶ月以内 24,500円 端末代 実質無料 開通まで 10日程度 SoftBank Air SoftBank Airというのは、置くだけで工事がいらずにWiFiが利用できるサービスのことです。 正直、あまり速度は出ないものの、SoftBankの電波が入る部屋であれば無制限で利用できます。 ただ、速度には過度な期待はしないほうが良さそうです。 仕事でバリバリに使いたい方むけではなく、光回線の工事はできないものの無制限のWiFiが欲しい方におすすめなのがSoftBank Airです! SoftBank Airにももちろん良いところはあります。 SoftBankのスマホを利用している方であれば、毎月1,000円のセット割が適用されます。 これが地味に嬉しくて、通常であれば月額4,880円で利用するSoftBank Airが実質3,880円で利用できるわけです。 自宅の外には持ち出せませんが、自宅内であれば無制限でWiFiを利用することができます。 また、当サイトからの経由限定で、キャッシュバックが現金で30,000円出ます。 どんなときもWiFiの補償を利用すれば、初期費用分は還元されるので、単純に30,000円の儲けが出ちゃいます。 笑 このキャッシュバックですが、開通から2ヶ月後を目安に口座へ振り込まれるため非常に良心的な対応です。 ほぼ確実にゲットできます。 どんなときもWiFiを利用していたということは、持ち運ぶことに魅力を感じたか、光回線の工事ができない物件だったか、工事の許可をとらなくても契約できることを知らずにどんなときもWiFiを契約したかのいずれかだと思われます。 持ち運びが魅力だった方、外でがっつり使いましたか? もしご自宅での利用が多かった場合には、間違いなく光回線にしておいたほうが快適なWiFi生活が送れます。 戸建ての場合であれば、ほぼ確実に光回線の工事が可能なんですが、アパートだとそう上手くいかない場合も多いです。 もし、自分の済んでいる物件に光回線の導入ができるかわからない場合は、下記のサイトで自分の物件と部屋番号を入力してください。 これはフレッツ光の提供エリア確認のサイトなんですが、 以下の表示が出れば光回線を、大家さんの許可を取らずとも引くことができます。 これ以外の表記が出た場合には、工事の交渉が必要な場合があるので注意が必要です。 光回線を契約する場合、以下の3社のいずれかを契約するのがおすすめです。 基本的には、利用している携帯会社のものを利用すれば間違いありません。 ドコモであればドコモ光、SoftBankやワイモバイルであればSoftBank光、auの場合がちょっと特殊で、BIGLOBE光がおすすめです。 もし格安SIMを利用している場合には、あとのこととキャッシュバックを考えてBIGLOBE光がおすすめです。 ひとまず、次までのつなぎで縛りなしのポケットWiFiという選択肢も 2年縛りや3年縛りがありがちなポケットWiFiですが、 実は縛りなしの事業者もいくつかあります。 光回線の工事までは最短で2週間ほど。 申し込みをしてから、使えるようになるまでのつなぎとして、縛りなしのポケットWiFiを利用することもおすすめします! 縛りなしWiFi 定期契約がないことで有名になりつつある縛りなしWiFi 端末は基本的にレンタルで、3日で10GB制限のあるWiMAX端末か1日2GBの制限があるSoftBank回線のどちらからが届きます。 かきいれ時ということもあり、 4月30日までの期間限定で、アマゾンギフトカード5,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 つまり1ヶ月分は実質無料で使えてしまいます。 どんなときもWiFiが使い物にならなくなった今、ほぼ無制限のWiFiをお得にゲットするチャンスです! とりあえずWiFiは必要になったものの、長期的には必要ないって方におすすめのWiFiです。 月額 3,300円 SoftBank端末 もしくは4,300円(WiMAX端末) 事務手数料 1,000円 契約期間 なし 端末到着まで 最短で3日程度 Nomad SIM 知る人ぞ知る、Nomad SIM 利用するデータ量に合わせて3つの料金プランを用意しています。 縛りなしWiFiの一部と同様にSoftBank回線を利用していますが、1日2GBのように直近のデータ利用で制限がかかることがありません。 また、SoftBankの電波が入る場所であればどこでも利用できるため、入らない場所はほとんどないと思われます。 途中で解約したとしても違約金は発生しなのと、申し込みから最短で翌日発送のため、手元に届くのが早いことが特徴です。 莫大なデータ量を消費しない方にとっては最強の味方なのがNomad SIMです! 今ならWiFiルーターを無料レンタルしているため、余計な端末を用意しなくてもいいので簡単に利用できます!.

次の